fc2ブログ

リンゴの木

 2015/1/9(金) 午後 1:15にYahoo!ブログにアップした記事(https://blogs.yahoo.co.jp/yhwhicxc/13680742.html 現在限定公開)をこちらに再掲します。

Wenn ich wüsste, dass morgen der jüngste Tag wäre, würde ich heute noch ein Apfelbäumchen pflanzen.(もしも明日世界が終わるなら、私は今日リンゴの木を植えるだろう。 )
 
Und wenn Morgen Weltuntergang wäre, ich werde am heutige Tage doch Apfelbaumen pflantzen.(たとえ世界の終末が明日であっても、自分は今日リンゴの木を植える)   
 
 このことばは、宗教改革者マルティン・ルターの言葉として日本でも広く知られています。そのことについてルター研究家であるルーテル学院大学・ルーテル神学校教授、ルーテル神学校ルター研究所所長を長年勤められ定年を迎えられた徳善先生は著書「マルチン・ルター 生涯と信仰」(徳善義和 著 教文館 2007年8月7日初版〉のpp.152-153 「第6話 福音主義教会の建設へ 」において次のように語っておられました。

マルチン・ルター 生涯と信仰 Athanasius


“  八日間の連続説教
 
・・・
 
 もう一つ、こういう言葉もあります。これはマルチン・ルターの言葉だと言われて、あちらこちらに引用されるのですけれども、その言葉がどこにあるのかと何人かの方に訪ねられた機会に、私が何回かにわたってかなり大捜索をして探してみましたけれども、見つかりません。その後、高名な学者に伺ってみても、やはりルターの言葉ではないということのようですけれども、ルターの信仰の気持ちをよく表していますから、それでマルチン・ルターの言葉ということになってしまったと思うのです。それは、「たとい明日が世界の終わりの日であっても、私は今日りんごの木を植える」という言葉です。世界の終わり、それは神のみ手の中のことだ。この世界の完成としての、世界の終わりが神のみ手から来る。そのことをルターははっきり信じていました。それが神のみ手から来るものであるならば、あれやこれやと私たちが詮索してみたり、考えて悩んでみたりしてもしょうがない。それは神にお任せしよう。そして、私としては今日一日私に託されている仕事を精一杯行っていこうという、そういう気持ちもうルターの生涯の中に絶えずあったわけで、それに似た言葉をルターはよく言っていますので、たといこの言葉がルターのものでなくても、考え方、信仰的な基本はルターのものだと言っていいと思うわけです。” 
 
 ルターの著作にはなく、ルター関連の文献に出てこなかったが、この言葉はルター的であり、またルターに似たような言葉はあるということなのでしょう。なんとなく偽パウロ書簡と共通のものを感じます。
 
 wikiquoteのマルティン・ルター(http://ja.wikiquote.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC)でルターの言葉として出ていました。そしてこのページのドイツ語のページ(http://de.wikiquote.org/wiki/Martin_Luther)には、
 
リンゴ 一


リンゴ 二


“"Wenn ich wüsste, dass morgen der jüngste Tag wäre, würde ich heute noch ein Apfelbäumchen pflanzen." - Der früheste Beleg für den Satz findet sich in einem Rundbrief der hessischen Kirche vom Oktober 1944. Alexander Demandt: Über allen Wipfeln - Der Baum in der Kulturgeschichte. Böhlau-Verlag 2002. S. 211 f., zitiert in der Rezension des Buches in Welt am Sonntag 20. April 2003. Martin Schloemann: Luthers Apfelbäumchen? Ein Kapitel deutscher Mentalitätsgeschichte seit dem Zweiten Weltkrieg, Göttingen: V&R, 1994, 258 S.”
(機械翻訳:文のために最も初期の文書は、1944年10月からヘッセンの教会の丸い手紙で見つかります。アレキサンダーDemandt:すべてのこずえについて-文化歴史の木。2002年のボーhlau出版社。 S. 211の以下日曜日に世界で本のチェックにおいてあげられます。2003年4月20日。マーティンSchlömann:Sサイズのリンゴが木に追い上げるLuthers?第二次世界大戦(Goettingen)以来ドイツの心理史の章:V&R, 1994, 258 S.)
 
 そして、リンクに飛んでみますと次のような説明がありました。
 
“Wer nun denkt: Und wenn morgen die Welt untergeht, so werde ich doch heute noch ein Apfelbäumchen pflanzen, muss wohl damit rechnen, dass das Bäumchen noch vor dem Untergang der Welt wieder gefällt wird. So folge ich doch einem Lutherwort, mag der Apfelbaumstifter da denken - dass dem nicht so ist, zeigt Demandt: Der früheste Beleg für den Satz findet sich in einem Rundbrief der hessischen Kirche vom Oktober 1944.”
(機械翻訳:そしてその人は現在考えます:そして、明日ならば、世界は固まります、それでも、私は今日さえ植えます。そして、リンゴ小さな木は小さな木が再び世界を決める前にまだ好かれるという事実を多分あてにしなければならないでしょう。それでも、このように、私はLutherwortに続きます ― リンゴの木創設者がそこで思うかもしれない ― それはそのような方向(点Demandt)にありません:文のために最も初期の文書は、1944年10月からヘッセンの教会の回報(einem Rundbrief)で見つかります。)
 
 ヘッセンの教会というのはルーテル派のヘッセン=ナッサウ福音主義教会のことなのでしょう。この教会はWikipediaによれば、
“1934年2月6日に帝国監督ルートヴィヒ・ミューラーはドイツキリスト者の代表者であったエルンスト・ルートヴィヒ・ディートリヒを最初の州教会監督に任命した。1934年2月10日、州教会は教会規則にいわゆる「アーリア条項」を導入し、教会運営からユダヤ人事務職とユダヤ人牧師を解雇した。同日、新たな教会規則で5つの教会管区を作った。ナッサウ、フランクフルト・アム・マイン、オーバーヘッセン、シュタルケンブルク、ラインヘッセンである。オーバーヘッセン、シュタルケンブルク、ラインヘッセンにはその時まで管区監督がいた。結果としてヘッセン=ダルムシュタットとナッサウから受け継がれてきた中間運営組織「教会地区」が維持され続けることになった。1934年4月に新たに39の教会地区が組織された。
 指導者原理によって行動する州教会監督に対して、すぐに告白教会による抵抗運動(教会闘争)が生じた。エルンスト・ルートヴィヒ・ディートリヒは1945年まで監督職にあったのに関わらず、事実上権力を奪われた。この州教会の歴史は1935年から1937年までルドルフ・ツェントグラフを議長とする州教会常議員会によって指導され、1937年から1945年までヴァルター・キッパー議長によって代表されていた。”
という動乱の中にあり、そのナチスとの闘争の中であの言葉がルターの言葉として回覧されたというはとても感慨深いものがあります。
 
 O・ブルーダーの小説「嵐の中の教会 ヒトラーと戦った教会の物語」(新教出版社、http://www.shinkyo-pb.com/2008/07/18/post-895.php)などを思い出してしまいます。
 
 また、日本にこの言葉が広く伝わったのは、コンスタンチン・ ビルジル・ゲオルギウ(1916~92)の著作の『第二のチャンス』という小説が初出のようです。ネットで検索しますと詳しく調べたサイトがあるので参考になります。

第二のチャンス Athanasius
(昭和34年第四版)
 
 その作品の中で次のように書かれています。
 
“ マグダレナは死者の胴衣から紙片を抜出す。
 これは第九東ヨーロッパ連邦から、僧院から逃げ出した叛逆カトリック僧へ宛てられた命令書だった。僧院への復帰勧告だった。命令書には、世界治安軍最高司令官のアメリカ将軍と、〈一つの世界〉政府第九連邦司令官の南スラヴ国元帥の署名がしてある。
「可哀そうな坊さんたちが、世界政府にたいして何の罪があると云うのか? どうして射ち殺さねばならんのだ? 坊さんたちは地上の人全部の融和を説きつづけている人だよ。どうして世界政府は坊さんたちを殺したがるのだろう? あの人たちが〈一つの世界〉になんの罪があると云うのだ?」
「坊さんたちは支配者を認めようとしない罪があるのよ。」とマグダレナは答える。「あの人たちは自分のところ、カトリックの中でしか話をしないでしょう。戒律があるのよ。平和が宣言された際、カトリックの法王さまは大世界政府の大臣に任命されたの。だけど法王さまは大臣になりたくなくてね、すぐにお亡くなりになったわ。気鬱から亡くなったのだわ。そこで遠い西欧の果てから別の方王様が連れてこられたのだけれど、その人ラテン語を知らないのよ。ヴァチカンの坊さんは教会ではラテン語しか話さないので、その人と折れあわなかったのよ。坊さんたちは、法王さまなのだから、その人には直接当たらないで、みんな森に逃げてしまったのだわ。坊さんたちがあたしたちの山に来ているのも、警察が追いかけまわすのも、そのためよ。あの人たちはお祈りばかりしているだけなのにね。」
 新に飛行機の編隊が山の上にあらわれる。パラシュート部隊がまた山頂に降下する。
 「世界の終りだ、と云っていたわ。」とマグダレナが云う。ピラはおどおどとした彼女の美しい眼を見、マルチン・ルッターの言葉を思い出す。世界の終りの問題が、マグダレナの口調と同じ気高さで述べられているのだ。ピラは云う。
 「Und wenn Morgen Weltuntergang wäre, ich werde am heutige Tage doch Apfelbaumen pflantzen.」
  「上から射ってくるわ。」とマグダレナは云う。 「どうしましょう? (彼女はすっかりおびえている。) どうしたらいいの?」
「どんな時でも人間のなさねばならないことは、」とピラは云う。 「Und wenn Morgen Weltuntergang wäre・・・・・」
 弾丸が叢をかすめ、彼らの頭の上の樹にあたる。
 マグダレナは地面にぴたりと頬をつける。
「いまなんて云ったの?」と彼女は小さな声でそっとたずねる。
 ピラはドイツ語を訳しはじめる。「たとえ世界の終末が明日であっても、自分は今日リンゴの木を植える・・・・・・」
 
 機関銃の一斉射撃が、語っているピエール・ピラの口と、耳を傾けている美しいマグダレナの耳を永遠に閉す。
 ヘリコプターのマイクロフォンが世界政府の兵士たちに天気予報を告げている。その声は谷間の彼方にまで響きわたって行く。《お天気が続きます!  お天気が続きます!》” 
(『第二のチャンス』 コンスタンチン・ ビルジル・ゲオルギウ(1916~92)著 pp.360-361 一つの世界)
 
 ゲオルギウは作家ではありますが、ハイデルベルグ大学の神学部で神学を学んでいるようですし(Wikipedia英語)、1963年5月31日にルーマニア正教会の司祭に叙聖(じょせい、カトリックでいう叙階)されました(Wikipediaフランス語)。また彼は、わたしはまだ未読ですが「若きルターとその時代」(ゲオルギウ著 浜崎史郎訳 聖文舎)というルターに関する本も書いていますし、ルターについてなんらかの資料を知っていたのかもしれません。
 
 この「第二のチャンス」に引用されていた「たとえ世界の終末が明白であっても、自分は今日リンゴの木を植えるなどを見ますと解りづらいですが、ドイツ語では「Weltuntergang wäre 最後の審判の日」となっていて、キリスト教の表現が使われていて、日本人の考える終末や世の終わりとは違ったものであるということ、人間の手の介入できない神意であるというものを背景にしているのも見落とすべきではないでしょう。

***

この記事を書いた同じ年の8月に教文館から「ルターのリンゴの木 格言の起源と戦後ドイツのメンタリティ」(М・シュレーマン 著 棟居洋 訳 教文館)が出版されました。

ルターのりんごの木 Athanasius


 このルターの言葉とされているものについて書かれたものが出たという事で、さっそく購入して読んで、とてもがっかりしたのを思い出します。
 
スポンサーサイト



ルターの薔薇の紋章種類


 さて、ルターの薔薇の紋章について見て行きますと薔薇の紋章にもいくつかのバリエーションがあります。

 まずはバラの花びらが頂点に一枚のものとそれを逆さにしたものの二つがあります。☆のマークで言えば普通の五芒星と逆五芒星のようなものです。

二つのタイプ


 普通のタイプはルターの著作物に検印して正規版であることのしるしとしてつけられたもので、逆さのものはルターの家の門柱に1543年のルターの誕生日に妻カタリーナが刻ませたレリーフに見られたタイプのものです。こちらのルター家のものにはラテン語でVIVITと金環と薔薇の花の間に刻まれています。現在のルーテル教会は、各教会によって正位置のものと逆さのものとが使われています。

Augusteum - Lutherhaus Wittenberg Lutherrose

 もう一つはルターの薔薇の紋章の金の円環の中や周りに文字が書かれているタイプですが、これもいくつかパターンがみられます。

 一つは薔薇の紋章のみで文字のないもの。もう一つは金の円環の外にMLとしるされたもの。

二つのタイプ なし ML


 そして、Des Christen Herz auf Rosen geht, wenn es mitten unterm Kreuze steht.(キリスト者の心は、十字架の真下にあるとき、薔薇の花に向かう)とドイツ語でしるされたものと、ラテン語でVIVIT(彼は生きています)としるされたものです。


二つのタイプ 文字 訂正版

 そして、花びらの多いタイプ(正位置の花びらと逆位置の花びらの重なったタイプがあります)です。


花びらの多いタイプ


 さて、Luther roseと英語で検索してみますとさらにこのようなタイプがありました。それは一つは讃美歌曲で使われていたラテン語訳ウルガータの詩篇117:17(口語訳118:17)のNon moriar, sed vivam, et narrabo opera Domini. (「我は死せずして生き存え、主の御業を談(ものがた)らん」、ウルガタ聖書からの日本語訳「光明社版旧約聖書」から当該箇所の日本語訳引用)と書かれたものとルターの宗教改革を表す言葉「聖書のみ(sola scriptura)、信仰のみ(Sola fide)、恵みのみ(sola gratia)」の英訳がつけられたものがありました。


詩篇、宗教改革 縮小


 いずれのタイプにいたしましても、その紋章の意味するところは、前記事にて取り上げましたが1530年7月8日付のラザルス・シュペングラー宛のマルティンルターの手紙に記されていることです。これは各個のルーテル教会のホームページなんかで、引用の形ではないにしても紹介されています。引用はWikipediaに出ています(ドイツ語版はワイマール版のルター著作集のAbteilung 4 BriefwechselのBand5のp.445からその一部分を、英語版は英訳ルターワークスから当該箇所全部)。


"ルターの紋章

私の紋章が正しく意味をあらわしているかどうか知りたいということだそうですから、よいお交わりのためにも、わたしの紋章について思いいたる考えをお知らせすることにいたしましょう。これは私の神学の目印とも言うべきものなのです。第一は十字架です。それは、自然の色をした心臓の中に黒く描かれています。これによって私は自ら、十字架につけられた方を信じる信仰が私たちを救うことを思い起こしたいのです。なぜなら、人が心から信じるならば、義とされるからです。それが黒い十字架であるというのは、死のしるしであって、痛みを与えるべきだからです。しかし、心臓が自然の色をしているのは、本性がだめなのではないということです。十字架は殺すのではなく、生かすからです。義人は信仰によって、それも十字架につけられた方を信じる信仰によって生きるのです〔ローマ1・17〕。
 この心臓は白いバラのまん中にあります。信仰は喜びと慰めと平和を与えることを示すためです。それはこの世が与える平和や喜びとはちがいます。だからバラは赤くなく、白なのです。白は霊と天使の色だからです。このバラは空色の地の中にあります。霊と信仰とにおける喜びは来るべき天の喜びの始まりであり、今すでにその喜びの中にいれられており、希望によってとらえられてはいるが、まだ完全に明らかにされてはいないからです。その地のまわりに金色の輪があります。それは、そのような救いが天では永遠に続き、終わりがないということを示します。金は最高の、高価な金属だからです。私たちの愛する主キリストがあの世に至るまであなたの霊と共にあるように、アーメン。
(「シュペングラーへの手紙」1530年7月8日 Br.5・445)"

(「世界の思想家 5  ルター」 徳善義和 編 平凡社 pp.36-37)

1530年7月8日 ラザルス・シュペングラー宛のルターの手紙

***関連記事***


ルターの薔薇の紋章について


「脈打つ」? 「向かう」?


ルターの薔薇の紋章について

ルターの薔薇の紋章


この紋章はルーテル教会などのホームページなどでは、“この紋章には「薔薇の上に置かれたキリスト教徒の心臓は、十字架の真下にあるとき脈打つ」という題字が記されています。黒い十字架がついた赤いハートは死んで甦ったキリストへの信仰、その周りの白い薔薇はこの世を越えた喜び、慰め、平和を、空色の地は天の喜びの始まりを表し、それらを囲む輪は永遠にして高貴な救いを与えられていることを象徴しています。”(日本福音ルーテル教会北海道特別教区HPより)などと手短に説明されていることが多いです。

ルターの薔薇の紋章 北海道特別教区

 
 岩波書店発行の「十字架と薔薇 知られざるルター」(松浦純 著)の最後のページにて、この紋章についてこのような説明がなされています。

ルター薔薇の紋章 元


" ルダー一族の紋章には二輪の薔薇が配されていた。それをもとに、1517年初めからルターは、薔薇の中にハートを置き、さらにその中に十字架を置く形の封印を用いる。20年代には、著作の海賊版の横行への対策として、この図柄を「神の子羊」図と並べて検印のようにも使いもした。じきにヴィッテンベルクの出版社達がこれをタイトルページのデザインの中に取り入れるようになる。1540年、妻カタリーナが住居の玄関を改築した際には、左右の天蓋のうち、左のものの下面にはルターの肖像、右のものの下面にはこの図柄のレリーフを彫らせた。本書のカバーはそれを写した。薔薇の周囲には「彼は生く」という銘をめぐらしている。
 これを「わたしの神学の目印」に見立てて説き明かした1530年の手紙によれば、十字架は、自然の色をしたハートの中に黒々と印される。十字架の黒は、「滅却し苦痛を与えるといっても、ハートの色をそのままにおいて、自然の本性をそこないはしない。それは殺すのではなく、生命を保つ」。そしてその心は、霊と天使の色である白い、晴れやかな薔薇の上におかれる。さらにその薔薇がおかれるのは、天の色の上。それが、この晴れやかさが将来の天の喜びの端緒であり、まだ目に見えないが希望によってとらえられていることを示す、という。…"

(「十字架と薔薇 知られざるルター」 松浦純 著 岩波書店 p.248。 ルターのもともとの姓はルダー〔Luder〕で、1517年の終わりごろからルター〔Luther〕の表記が見られるようになった。)

ここで述べられているルターの1530年の手紙というのは、1530年7月8日付のラザルス・シュペングラー宛のマルティンルターの手紙のことで、ルター著作集であるWA, Luthers Briefwechsel, 5. Band, S. 444f (Nr. 1628)に出てきます。以下にWikipediaのドイツ語版Lutherrose(https://de.wikipedia.org/wiki/Lutherrose)の引用文をWA, Luthers Briefwechsel, 5. Band, S. 444f と同じ改行にして、著作集に振られた行番号も付けてみました。引用では省略されている個所が示されずに続けられていまして解りませんので、「・・・」を付しました。特に12行目の終わりから13行目が省略されているのがちょっと探すのに時間がかかりました(もちろんドイツ語は読めないからこそです)。

・・・ein Merkzeichen meiner Theologie.
5 Das erst sollt ein Kreuz sein, schwarz im Herzen, das seine natürliche Farbe
hätte, damit ich mir selbst Erinnerung gäbe, daß der Glaube an den Ge-
kreuzigten uns selig machet. Denn so man von Herzen glaubt, wird man
gerecht. Ob’s nun wohl ein schwarz Kreuz ist, mortifizieret und soll auch wehe
tun, dennoch läßt es das Herz in seiner Farbe, verderbt die Natur nicht, das ist,
10 es tötet nicht, sondern erhält lebendig. …
・・・Solch Herz aber soll mitten in einer weißen Rosen stehen, anzu-
zeigen, daß der Glaube Freude, Trost und Friede gibt ・・・
・・・
  darum soll die Rose weiß und nicht rot sein; denn weiße Farbe ist der
15 Geister und aller Engel Farbe. Solche Rose stehet im himmelfarben Felde,
daß solche Freude im Geist und Glauben ein Anfang ist der himmlische
Freude zukünftig, jetzt wohl schon drinnen begriffen und durch Hoffnung
gefasset, aber noch nicht offenbar. Und in solch Feld einen goldenen Ring,
daß solch Seligkeit im Himmel ewig währet und kein Ende hat und auch
20 köstlich über alle Freude und Güter, wie das Gold das höchste, köstlichste
Erz ist. ・・・

1530年7月8日 ラザルス・シュペングラー宛のルターの手紙

"ルターの紋章

私の紋章が正しく意味をあらわしているかどうか知りたいということだそうですから、よいお交わりのためにも、わたしの紋章について思いいたる考えをお知らせすることにいたしましょう。これは私の神学の目印とも言うべきものなのです。第一は十字架です。それは、自然の色をした心臓の中に黒く描かれています。これによって私は自ら、十字架につけられた方を信じる信仰が私たちを救うことを思い起こしたいのです。なぜなら、人が心から信じるならば、義とされるからです。それが黒い十字架であるというのは、死のしるしであって、痛みを与えるべきだからです。しかし、心臓が自然の色をしているのは、本性がだめなのではないということです。十字架は殺すのではなく、生かすからです。義人は信仰によって、それも十字架につけられた方を信じる信仰によって生きるのです〔ローマ1・17〕。
 この心臓は白いバラのまん中にあります。信仰は喜びと慰めと平和を与えることを示すためです。それはこの世が与える平和や喜びとはちがいます。だからバラは赤くなく、白なのです。白は霊と天使の色だからです。このバラは空色の地の中にあります。霊と信仰とにおける喜びは来るべき天の喜びの始まりであり、今すでにその喜びの中にいれられており、希望によってとらえられてはいるが、まだ完全に明らかにされてはいないからです。その地のまわりに金色の輪があります。それは、そのような救いが天では永遠に続き、終わりがないということを示します。金は最高の、高価な金属だからです。私たちの愛する主キリストがあの世に至るまであなたの霊と共にあるように、アーメン。
(「シュペングラーへの手紙」1530年7月8日 Br.5・445)"

(「世界の思想家 5  ルター」 徳善義和 編 平凡社 pp.36-37)


 ルターについて書かれる牧師や研究者の方たちは、ルターの言葉などよく引用されたりするのですが、ちゃんとした出典箇所が示されないことが多く、困ったものだといつも思います。

***関連記事***

ルターの薔薇の紋章種類


「脈打つ」? 「向かう」?

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク