fc2ブログ

昭和版 佐藤龍猪訳モルモン經


 昭和版の佐藤龍猪訳の「モルモン經」には四つの装丁があります。1957年5月30日の初版の黒表紙で四角い囲みの中に「モルモン經」の文字が箔押しで表と背にあるだけのシンプルな装丁となっています(明治訳「モルモン經」と同じデザイン。ただし明治訳は黒表紙ではなく緑色のハードカバー本)。

 60年代の同じ黒表紙で背は同じだが表には囲み無しで「モルモン經」の文字とモロナイがラッパを吹いている絵(斜め正面)が箔押しされているものに変わりました。

次に70年代から80年代初めころまでのは、濃い紺色のハードカバーに変わり、表紙にはモロナイがラッパを吹いている絵(横向き)のみで、背には囲み枠は無くなり「モルモン經」と二重横線が五つ。

最後に80年代中・後半から1995年の平成訳が出るまでの間に出されたもの。こちらは同じ濃紺のハードカバー版で表は「モルモン経」が真ん中に太字で、その左側に一段下がりで題字より小さい文字で「イエス・キリストについてのもうひとつの証」と文字のみになり、背も「モルモン経」の文字と文字の上下に二重横線があるだけのシンプルなものになりました。

昭和版(佐藤龍猪 訳)モルモン經四装丁 URL


 佐藤龍猪訳初版は Book of Mormon 1920 Edition からの翻訳で、構成は1920年版に準じているようです。

*

モルモン經とBook of Mormon 1920 Edition


A Few Interesting Book of Mormon References        
 (日本語版無し)

Title Page                                 
 (日本語版無し)

(英語版無し)
 扉表題

copyrightや発行者、発行年                      
 訳者名と出版年

(英語版無し)                                     
 モルモン経のとびらの言

BRIEF ANALYSIS OF THE BOOK OF MORMON          
 モルモン経の簡単な解剖

ORIGIN OF THE BOOK OF MORMON                
 モルモン教の起源

THE TESTIMONY OF THREE WITNESSES             
 三人の見証者の証言

AND ALSO THE TESTIMONY OF EIGHT WITNESSES      
 八人の見証者の証言

NAMES AND ORDER OF BOOKS IN THE BOOK OF MORMON 
 目次

以下本文になります。

*

 第二装丁版と第三装丁版では目次の位置が変わり「訳者名と出版年」の次に来て、その目次の裏側にモロナイ書第10章3~4節のことばが印刷され、「モルモン経のとびらの言」と「モルモン経の簡単な解剖」の間に8ページの絵や写真が載せられた写真版カラーページが付きました。目次が前に移動したので「八人の見証者の証言」の次から本文が始まります。これはThe Book of Mormon の1961年改訂版(青表紙版、この版から挿絵と冒頭の8ページのカラーページが付きました。)に合わせて日本語版が改訂されました。第二装丁版ではまだ1961年英語版の8ページのカラーページは入れませんでしたが、構成と挿絵を入れ、第三装丁版では8ページのカラーページも入れました。

1961 The Book of Mormon


モルモン經(二代目・三代目装丁)の全8ページのカラーページ URL


 第四装丁版では英文 Book of Mormon が1981年に改訂版が出版され、本文の前の構成が変わりました。日本語訳もそれに合わせて構成を変えました。

*

TOP Title (「THE BOOK OF MORMON ANOTHER TESTAMENT OF JESUS CHRIST」に変更)                               
 扉表題(英語版と同じ「モルモン経 イエス・キリストについてのもうひとつの証」に変更)

2013 TopPage 小


Title Page
 日本版無し

2013 TitlePage 小

                               
First English edition published in 1830の文字のみ         
 (日本版無し、日本語版は「訳者名と出版年」)

(英語版無し)
 按手の絵

(英語版無し)
 モルモン経とびらの言葉

                            
 序文                      
1981,2013PDF


THE TESTIMONY OF THREE WITNESSES               
 三人の見証者の証言

THE TESTIMONY OF EIGHT WITNESSES               
 八人の見証者の証言

TESTIMONY OF THE PROPHET JOSEPH SMTH(英語版は「予言者ジョセフ・スミスの証」との表題に変更)
 モルモン教の起源
           
A BRIEF EXPLANATION ABOUT THE BOOK OF MORMON     
 モルモン経の簡単な解剖

NAMES AND ORDER OF BOOKS IN THE BOOK OF MORMON   
 目次

以下本文になります。

*

 また、二代目の装丁版から本文中(ニーファイ第一書19章、モーサヤ書12章と13章の間、ヒラマン書14章、イテル書2章)に、本文と関連した挿絵の写真版カラーページが付きました。

 第四装丁版では第二・第三装丁版にあった「モルモン経のとびらの言」と「モルモン経の簡単な解剖」の間の写真版カラーページが無くなり、写真版カラーページの一ページ目にあったイエスが按手しているの絵が写真版カラーページではなく本紙へのカラー印刷になって残ったのと、タイトルが「モルモン経 イエス・キリストについてのもうひとつの証」と1981年改訂版に合わせて変更されました。

 あと、これも1981年英語版に合わせて、英訳版の「I NTRODUCTION」の日本語訳の「序文」が付いたのが大きな違いとなります。本文の訳は、1920年版(から訳された初版装丁版)と1981年版(から訳された1995年の平成訳)で変更箇所のいくつかを比べて見て、それを最初の装丁版と第四装丁版で比べて見て、それまでの装丁版と本文は変わってはいませんでした。

モルモン経 第四装丁版 49刷(ハードカバー)、41刷(ソフトカバー)


 この第四装丁版の41刷(1989年2月20日)は従来のハードカバー製本ではなく、ソフトカバー製本となっていました。同年6月30日の42刷ではまたハードカバー製本に戻りました。41刷のみがソフトカバーとなっています。

 
***

ちょっと蛇足ですが、「聖徒の道」1957年7月号の「ニュース欄 「新訳モルモン経」の出版に際して 佐藤龍猪」という記事の中に、初版のモルモン經の正誤表があり、その箇所を手元にある翌年1958年7月10日に再販された二刷目になる「モルモン經」で確認しましたらしっかりと修正されてました。

***

 英文1920年版と1981年版の Book of Mormon の改訂箇所の極一部を、1920年版を底本とした佐藤龍猪訳、1981年版を底本とした1995年に出た改訂新版を対照してみたいと思います。上が佐藤訳、下が1995年改訂新版になります。

ニーファイ第一書 3:10

10 やがてエルサレムの地へ着くと、私と私の兄弟たちは互いに相談をしたのであった。

10 そしてエルサレムの地に着くと、わたしと兄たちは相談した。



ニーファイ第一書 13:24

24 「汝はその書物がユダヤ人から出てきたのを見たが、始めそれがユダヤ人から出てきた時には、その中にある十二使徒が神の子羊にある真理によって証をした主の福音が誰にもわかるままにのっていた。

24 また、主の天使はわたしに言った。「あなたはその書物がユダヤ人の口から出て来たのを見たが、それがユダヤ人の口から出て来たときには、主の完全な福音が載っていた。この主については、十二使徒が証をしており、彼らは神の小羊にある真理によって証をしている。


ニーファイ第二書 1:1

1,さて私ニーファイが兄弟たちに教えてしまってから、父のリーハイもまた多くの事を兄弟たちに話した。すなわちかれらをエルサレムの地からつれ出すに当り、主がかれらのため偉大な御業を多くなしたもうたころを話し、

1 さて、わたしニーファイが兄たちに教え終えてから、父のリーハイもまた多くのことを兄たちに話し、主が彼らをエルサレムの地から連れ出すに当たり、どれほど大いなることをなさったかを彼らに語った。


ニーファイ第二書 2:23

23 また、アダムとイヴは子供をもうけることもなかったであろうし、それから不幸を知らないから喜びもなく、罪を知らないから善もなさず、そのまま罪が無い状態に留ったであろう。

23 そして、アダムとエバ​は子供を持たなかったであろう。また、不幸を知らないので喜びもなく、罪を知らないので善も行わず、罪​のない状態にとどまっていたであろう。


ニーファイ第二書 30:6

6,そこで、かれらはこれが全く神から与えられた恩恵であるのを知って喜び、心の暗が次第に消えてまだ多くの代がたたない撃ちに皮膚の色が白くて喜ばしい民になる。

6 そこで彼らは、それが神の手から自分たちに与えられた祝福であることを知って、喜ぶであろう。また、暗黒のうろこが彼らの目からはがれ始め、多くの世代が過ぎないうちに、彼らは清い、喜ばしい民になる。


ヤコブ 7:25

25 それであるから、ニーファイの民はその救いの岩である神によりたのんで、力の限りにその軍勢を以てレーマン人をふせぐために国を固めたから、当時までは敵に打ち勝っていた。

25 それゆえ、ニーファイの民は自分たちの救いの岩である神に頼りながら、武器とあらんかぎりの力をもって、レーマン人に対する防備を固めた。そのため、この当時までは敵に勝利を収めていた。


モーサヤ書 29:15

15 罪悪を犯す者は、これをわれらの先祖から伝わった法によって罰してきた。

15 また、わたしは罪悪を犯した者に、それがだれであろうと、わたしたちの先祖から与えられた法に従って、その者の犯した罪科に応じて罰を与えてきた。


アルマ 29:4

4 私は多過ぎる希望をもって正義の神の堅い取り極めを不満に思ってはならない。なぜならば、人が死を願うのにも生を願うのにも神はこれに応じたまい、人の心が救いを求めるのも亡びを求めるのも神はこれを許したもうと言うことを知っているからである。

4 ​わたしは、公正な神の堅い定めを、わたしの願いによって乱してはならないのである。人が死ぬことを望もうと生きることを望もう​と、神が彼らの望むままにされることを知っているからである。まことに、人々が救いを望もうと滅びを望もうと、神は彼らの意のままに、不変の定めを彼らに布告されるということをわたしは知っている。


アルマ書 46:31

31 そこでモロナイは、すでに集って武装をし平和を守ると言う誓約を立てた自分の兵をくり出して早く行かなくてはならぬと認めたので、荒野の中でアマリカヤの軍の進路を断ち切ろうとしてすぐに軍を率いて進んで行った。

31 そこでモロナイは、すでに集まって武装し、平和を守るという聖約を交わしている自分の軍隊を率いて行くのがよいと思った。このようにして彼は、荒れ野でアマリキヤの進路を断つために、軍隊を率いて、天幕を携えて荒れ野に進軍した。


ニーファイ第三書 3:23

23 民が集合する所と定めてあった土地は、ゼラヘムラの地とバウンテフルの地であった。すなわち、それはゼラヘムラの地からバウンテフルの地とデソレションの地との境界に至る土地であった。

23 指定された地は、ゼラヘムラの地と、ゼラヘムラの地とバウンティフルの地の間の地であり、バウンティフルの地とデソレションの地の間の境界にまで達していた。


ニーファイ第三書 16:10

10 御父(おんちち)は汝らに言えとわれに命じたまえり。すなわちもし異邦人がわが福音に対して罪を犯し、ほかのあらゆる民あるいは全世界の人々にもまして心おごり、あらゆる偽り、欺偽、悪事、偽善、人殺し、祭司の売教、みだらなる行いまた秘密の憎むべき行いなどをして、わが完全なる福音を拒む時あらば、御父の言いたまいしごとく『われはわが完全なる福音を異邦人の中より取り去り、

10 また父は、あなたがたに次のことを言うように、わたしに命じられた。『異邦人がわたしの福音に背いて罪を犯し、わたしの完全な福音を受け入れず、あらゆる国民、全地のあらゆる民にも増して高慢な心で高ぶり、あらゆる偽りと欺き、悪事、あらゆる偽善と殺人、偽善売教、みだらな行い、秘密の忌まわしい行いにふけるその日、もし彼らがそのようなことをすべて行い、わたしの完全な福音を受け入れなければ、見よ、わたしは彼らの中からわたしの完全な福音を取り去ろう』と、父は言われる。


モロナイ書 9:24

24 私たちの同胞(はらから)であってレーマン人の方へ移った者が多くある。これからもレーマン人の方へ移る者が多くあるであろう。私はこれを知っているから、この国民の全滅に際してお前一人生きのこるならばいささか記録をしておけ、私はお前に逢わないで死ぬかも知れぬが、お前に渡して頼みたいと思う神聖な記録があるから、じきにお前に逢えると思っている。

24 また,もし彼らが滅びるならば、わたしたちが知っているように、わたしたちの同胞の多くがすでにレーマン人のもとに脱走して行ったが、もっと多くの者がレーマン人のもとに脱走して行くであろう。ところで、もしあなたが命を助けられ、わたしが死んであなたに会えないようであれば、少し書き記しなさい。しかしわたしは、もうすぐあなたに会えると確信している。あなたに渡したい神聖な記録を持っているからである。

***

モルモンカテゴリー記事

偽りのかなめ石 偽書であるモルモン書 1

偽りのかなめ石 偽書であるモルモン書 2

聖書を改変するモルモン教

有名なモルモン書のあり得ない箇所と言い訳

白い肌と黒い肌

金版、真鍮版

金の板に文字が書かれていれば利用しようとする

モルモンに対して

Joseph Smith, Jr., as a translator : reprint of an inquiry conducted  pp.23-31

モルモン教義と黒人

ハムの妻エジプタスとその娘エジプタスとその子パロ 

***

2023年11月21日 修正加筆
2023年11月22日 修正加筆

スポンサーサイト



プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク