fc2ブログ

キリスト教番組

Yahoo!ブログから引っ越し(12月にYahoo!ブログのサービス終了に付き)

キリスト教番組
2011/9/16(金) 午後 1:26
https://blogs.yahoo.co.jp/yhwhicxc/6503109.html

口語訳新約聖書JC240 記名

 1980年ごろは、北海道でも数多くのキリスト教番組を地上波のラジオやテレビで見聞きできました。

 AMラジオでは、月曜から土曜の早朝は、バプテスト連盟の「ジ・アンサー」(5分)、心のともしび運動の「太陽のほほえみ」(5分)、北海道マスコミ伝道センターの5分番組、セブンスデー・アドベンチスト教団の番組(平日のみ)、が聞けました。土曜日には北海道ルーテル・アワー・センターの「ルーテル・アワー」と深夜番組の「モンキートーク」がありました。日曜には北海道福音放送協会の「世の光」(15分)、北海道マスコミ放送センターの「心の扉」(15分)がありました。テレビでは土曜日に心のともし火運動の「こころのともしび」があり、日曜(?)深夜に「PTL主をほめよ」がありました。

 今では無くなってしまった番組もありますが、インターネットなどでいつでも聞ける環境になりました。しかし、ネットは地上波と違い偶然に聞くということがなくなってしまうので、どちらが良いのか難しいところですね。

 また、ラジオ放送やテレビ放送では、無料の聖書通信講座が利用できたり、放送プレゼントなどがあり楽しみがありました。

 当時貰った「新約聖書」は何度も読みかえして、手垢で黒くなり、表紙も破けてセロハンテープで止めたりしました。

 また、テレホンメッセージなども電話帳で探したり、ラジオ放送などの機関誌などの広告で知ったところなどにかけて聞いたりしました。今ではありえないアナログな方法で、いろいろと芋づる式に見つけたりしました。そういう古臭い方法も聖書のことをもっと知りたいとの思いもあり、全く苦になりませんでした。

 いまあるキリスト教の地上波が続いてもらいたいですね。全部がネットだと味気ない感じがします。

****「キリスト教番組」へのコメントとレス****

コメント(8)

幕屋も番組持ってたような気がします。
幕屋ってどうなんでしょうか。
小さい頃なぜか親戚に集会(近所の人が集まる小さいやつ)に連れて行かれて、最後はみんなトランス状態で泣きながら「天の↑お父様↑(←後半イントネーション上がる)」って叫んでいるのを見て非常なトラウマになり、それ以来(新興またはカルト的)宗教懐疑派の子どもに育ちました(;^^)
[ - ] 2011/9/16(金) 午後 7:09 返信する

*

神の幕屋(原始福音)は、キリスト教の多くの教会から異端とされています。

異端では珍しく、日本生まれの異端です。
キリスト教の重要教義(これは譲れないというもの)において、彼らは大きく見解が違います。エホバの証人やモルモン教会、統一協会のように大きくも無く、一般的には有名ではありませんが、間違いなく異端です。
2011/9/16(金) 午後 8:43 返信する

*

けっこう番組がありますね。
ジ・アンサーなんてなつかしい。
エホバの証人だったけど、ラジオ好きなので
母にも見逃してもらっていたかもしれません。
いま思えば、そこからもうキリストに導かれるなにかが
あったかもしれないですね。
[ 一匹狼のまーくん ] 2011/9/17(土) 午前 8:37 返信する

*

「すべてに時がある」ということですね。
主の御計画は計り知れませんね。
2011/9/17(土) 午前 8:54 返信する

*

中学生の時、何かの行事でクラスのスローガンを決めるとなった時、なぜか、「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう」になりそうになったことがあります(笑)。 公立中学校ですが。
[ 南三条 ] 2011/9/17(土) 午後 10:22 返信する

*

笑いが取れたと言うことは、みんなが知っていたということですね。

放送伝道の目的の一部は果たされていますね。笑
2011/9/18(日) 午前 3:27 返信する

*

記事の内容とは離れますが、この表紙の新約聖書、私も持っています。
私の聖書もやはり表紙が千切れてしまいましたが、大切にしています。

ミッションスクールに合格した時、その高校の先輩でもある母の知人が「讃美歌」と一緒にくれたものです。
私にとって初めての聖書でした。
それを持って、まだ中学3年生だった私は、学校内にある教会に通い始めました。
公立の中学だったので、キリスト教に初めて触れた私は、ちょっと誇らしい気持ちになったものです。
でも、まさかその後クリスチャンになるなんて思ってもいませんでしたが・・・。
[ シャロン ] 2011/11/19(土) 午前 11:52 返信する

*

わたしは一番はじめに手にした聖書は、テレビ番組「PTL主をほめよ」でもらった新改訳第二版の新約聖書でしたね。

しかし、通読したのはその後にルーテル・アワーで貰った画像の新約聖書でした。

わたしもシャロンさんと同じで、その後キリスト者になるなんて思ってもいませんでしたね。笑
2011/11/19(土) 午後 1:17

***

2022年12月26日追記

 たまたまラジオの朝の宗教の時間はどうなっているのか気になり、番組のタイムスケジュールが放送局のHPで見れるので見てみた所、HBCラジオは土曜日朝の6:35~45まで北海道マスコミ伝道センター(ホレンコ)の「心の扉」と日曜日朝6:20~35の北海道福音放送協会(Ho-LY)の「世の光いきいきタイム」、STVラジオの月曜から土曜日の朝05:00から5分間カトリックの心のともしび運動YBU本部「心のともしび」の三つのキリスト教番組は現在も続いていました。番組表からはセブンスデー・アドベンチスト教団の番組は終わっているようです。

 しかし、朝の他の宗教の番組は、新興宗教団体二団体の番組、天理教の「天理教の時間」と浄土真宗親鸞会の「1万年堂出版の時間」が放送されています。

 伝統仏教の曹洞宗による「曹洞宗の時間」、浄土真宗西本願寺による「西本願寺の時間」、浄土真宗東本願寺による「東本願寺の時間」、浄土宗による「法然さまの時間」。新興宗教団体の念法眞教の「心のいこい」、金光教の「金光教の時間」、生長の家の「幸福への出発」、孝道教団による「仏法と孝道」、円応教の「円応教の時間」などは番組は終了していました。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク