fc2ブログ

エクソシズムについて ④


小説「エクソシスト」と映画「THE EXORCIST」の英文シナリオ(http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/e/exorcist-script-transcript-blatty-friedkin.html)、あと英訳ローマ典礼定式書(http://www.holygrail-church.fsnet.co.uk/Roman%20Ritual.htm)を比べてみて、かなり忠実にローマ典礼定式書を利用していることが解ります。一部ですが英訳ローマ典礼定式書から見てみましょう。墨付き括弧(【 】)で囲った部分が英文シナリオで使われている部分です。

Rituale Romanum


"Psalm 53

P: 【 God, by your name save me, * and by your might defend my cause.】
All: God, hear my prayer; * hearken to the words of my mouth.

P: For haughty 【men have risen up against me,】 and fierce men 【seek my life;】 *

they set not God before their eyes.

All: See, 【God is my helper;】 * the Lord sustains my life.

P: Turn back the evil upon my foes; * in your faithfulness destroy them.
All: Freely will I offer you sacrifice; * I will praise your name, Lord, for its goodness,

P: Because from all distress you have rescued me, * and my eyes look down upon my enemies.
All:【 Glory be to the Father.】

P: 【 As it was in the beginning.】

After the psalm the priest continues:

P: 【 Save your servant.】
All: Who trusts in you, my God.

P: Let him (her) find in you,【 Lord, a fortified tower.】
All: 【In the face of the enemy.】

P: 【 Let the enemy have no power over him (her).】
All: 【And the son of iniquity be powerless to harm him (her).】

P: Lord, send him (her) aid from your holy place.
All: And watch over him (her) from Sion.

P: 【Lord,】 heed 【my prayer.】
All: 【And let my cry】 be heard by you.

P: 【The Lord be with you.】
All: May He 【also】 be 【with you.】

Let us pray.
God, whose nature is ever merciful and forgiving, accept our prayer that this servant of yours, bound by the fetters of sin, may be pardoned by your loving kindness.

【Holy Lord, almighty Father, everlasting God and Father of our Lord Jesus Christ, who once and for all consigned that fallen】 and apostate 【tyrant to the flames of hell, who sent your only-begotten Son into the world to crush that roaring lion;】 【hasten to our call for help and snatch from ruination and from the clutches of the noonday devil this human being made in your image and likeness. Strike terror, Lord, into the beast now laying waste your vineyard.】 Fill your servants with courage to fight manfully against that reprobate dragon, lest he despise those who put their trust in you, and say with Pharaoh of old: "I know not God, nor will I set Israel free." 【Let your mighty hand cast him out of your servant, 名前.,】 十字 【so he may no longer hold captive this person whom it pleased you to make in your image, and to redeem through your Son; who lives and reigns with you, in the unity of the Holy Spirit, God, forever and ever.】
All: 【Amen.】

1. Then he commands the demon as follows:

I command you, unclean spirit, whoever you are, along with all your minions now attacking this servant of God, by the mysteries of the incarnation, passion, resurrection, and ascension of our Lord Jesus Christ, by the descent of the Holy Spirit, by the coming of our Lord for judgment, that you tell me by some sign your name, and the day and hour of your departure. I command you, moreover, to obey me to the letter, I who am a minister of God despite my unworthiness; nor shall you be emboldened to harm in any way 【this creature of God,】 or the bystanders, or any of their possessions.

・・・

Luke 11.14-22

・・・

P: 【Lord,】 heed 【my prayer.】
All: 【And let my cry be】 heard by you. "

11.jpg


 まだ使われている部分はありますが、引用が長くなるので割愛します。定式書の中で、「十字」とあるのは「十字」のしるしを行うことを示しており、「名前」とあるのは悪魔憑きになった人の名前をそこで使うことです。

1.jpg


 英文シナリオを見ますと、映画の劇的効果や尺などから、定式書の式文はかなり簡略されたりしていますし、言いやすいように言い換えもなされたりしています。しかし、それでもかなり忠実に読んでいると言えるのではないかと思います。

 今回引用した詩篇53編(ラテン語訳ウルガタ聖書では、現行聖書とは一章ズレますので54編)の前に、諸聖人に対する長い連祷がありますが、それについては映画では割愛されていますが、原作小説では、メリン神父とカラス神父の司式前の会話の中で"「まず、君と二人で、聖者の連祷句を唱和する。聖水を持ってきてくれたかね?」"(p.284)などと出てきたりします。

 これらのことからローマ典礼定式書における祓魔式(エクソシズム)司式の流れを知るのに、実際にそんな場面に立ち会うことがない多くの一般の私たちにとってこの作品は入門としてはとても役立つものです。

  実際典礼文を見てみますと、一般的なイメージと違い悪魔との対話というものはほとんど出てきません。徹底して神に祈る。取り憑かれた人の開放を求め、庇護を求め、打ち勝つ力を求め、悪魔に対しては父と子と聖霊の名によって出て行くことを命じる。これをオカルトだと断じるアメリカの福音派のビリー・グラハムやアメリカのファンダメンタリストであるハル・リンゼイなどの見識があまりにも単なるイメージで語っていたのかが解ります。

10.jpg


 映画の字幕から少し見てみましょう。

メリン神父
"み力により我が戦いを助けたまえ 
心のおごった暴徒らが私のいのちを狙う
だが神は私を救い 私の命を守り 
解放したもう 父と子と聖霊に栄光あれ
世の初めより 今も永遠に アーメン
神よ信仰のしもべを救いたまえ
堅い城となりたまえ
敵に立ち向かい
彼女を守りたまえ
邪悪を無力に"

メリン神父
"主が共に"

カラス神父
"なんじと共に"

メリン神父
"聖なる神 全能の父 永遠の神よ
主キリストの父
悪の暴君を地獄の炎に焼き
怒りの獅子を討つため
一人子を送りし方よ

この叫びを聞き
神のかたちなるこの娘を
破滅と白昼の悪魔から
速やかに解き放ちたまえ
ブドウ園を荒らすものを恐怖で打ちのめし
この悪霊をリーガン・テリーザ・マクニールから放ち
虜囚の苦しみから救いたまえ
彼女は神のかたちとして
生けるみ子にあがなわれし者なり
父と子と聖霊なる神は永遠に統べ治めたもう"

カラス神父
"アーメン"

メリン神父 
"祈りを聞きたまえ"

カラス神父 
"この叫びをみ前に"

メリン神父 
"全能の主 父なる神の言葉なるキリスト
全ての創造主
み力により毒蛇とサソリを踏みにじり
いやしいしもべのすべての罪を許し
凶悪な悪霊と戦う力を授けたまえ"

カラス神父
"アーメン"

 一部を見てみました(一か所字幕が完全に語訳なので修正)が、シナリオ様に簡略化されているとは言えとても良い祈りであります。

Trinity.jpg


 この定式書を見ますと、聖なる三位一体がとても強調されていることが解ります。また、式文の終わりの方には「アタナシオス信条」の交唱が行われているのには驚かされます。アタナシオス信条は基本信条の一つでありますが、あまりお目にかかることのない信仰告白文です。それがここで悪魔祓いの祈りとして用いられているというのには驚きがありました。

続く
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク