fc2ブログ

「貧しやもめの献金」の悪用


貧しいやもめの献金


マルコによる福音書 12:41-44
12:41イエスは、さいせん箱にむかってすわり、群衆がその箱に金を投げ入れる様子を見ておられた。多くの金持は、たくさんの金を投げ入れていた。

12:42ところが、ひとりの貧しいやもめがきて、レプタ二つを入れた。それは一コドラントに当る。

12:43そこで、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめは、さいせん箱に投げ入れている人たちの中で、だれよりもたくさん入れたのだ。

12:44みんなの者はありあまる中から投げ入れたが、あの婦人はその乏しい中から、あらゆる持ち物、その生活費全部を入れたからである」。


ルカによる福音書 21:1-4
21:1イエスは目をあげて、金持たちがさいせん箱に献金を投げ入れるのを見られ、

21:2また、ある貧しいやもめが、レプタ二つを入れるのを見て

21:3言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめはだれよりもたくさん入れたのだ。

21:4これらの人たちはみな、ありあまる中から献金を投げ入れたが、あの婦人は、その乏しい中から、持っている生活費全部を入れたからである」。

****

さて、この話は「貧しいやもめの献金」としてよく知られた箇所です。

この個所について、田川建三氏の「イエスという男 説教的反抗者の生と死」の本の中で、

" よくある話だ。貧者の一燈というわけだ。よくあるどころか、どの宗教も必ずこんな説教を一つや二つ伝統的に持っている。この話にしても、実際にイエスが神殿の前に座っていて見たことか、あるいは説教のためにつくられた説話か、わかりはしない。そしてこういう話が物語られる度に、貧者が僅かしか持っていないものまで、宗教教団に吸い上げられる。宗教的搾取の基本的な姿なのだ。貧しければ貧しいだけ、苦しければ苦しいだけ、人は祈りたくなる。祈るためにはお賽銭を持って行かねば、と思いこむ。
 イエスがもしも、みずから神殿宗教を維持する立場にいてこのように語ったのだとすれば、それは月並な坊主説教だろう。実際、この話を教会が伝承として語りつつ、「浄財」を集めていった時には、そのような効果しか持たない。しかし、もしもこれをイエスが本当に神殿の傍観者として見物しながら口にしたのだとすれば、そこには前にふれたのと同じ感情が吐露されている。金持ちがいくら多めに賽銭を投げ入れたとて、何の意味もありはしないよ。貧しい者の必死な願いだけが聞きとどけられるのだ。"
(「イエスという男 説教的反抗者の生と死」 田川建三 著 三一書房 pp.247-248)

と書かれていました。この中で "この話を教会が伝承として語りつつ、「浄財」を集めていった時には、そのような効果しか持たない。" などは、その手の団体などを見ますとまったくと納得の行くものです。そして、残念なことに「10分の1献金(什分の一献金)」という聖書に根拠のない、キリストで商売をしている団体、そういった団体の牧師・説教者による宗教的搾取のメッセージなどで、この聖書の個所はまさしく悪用されていたりします。

ネットで検索などしますと、いろいろな団体のメッセージや説教などが出て来ます。当然この個所についてのメッセージなどもよく見かけます。その中でいくつか???となってしまうようなものもあります。


今週の説教「やもめの献金」(新約聖書・ルカによる福音書20章45節から21章4節)

 このメッセージあたりを読んで個人的感想を言うのなら、後半で献金者の心の姿勢というものに話が行ったので、まだまともな部類と言えるでしょう。しかし、神殿の構造や神殿でのささげ物についてはあまり詳しくはないようです。そして、イエスが「たくさん献金することは良いことだと言っている」などとイエスが言ってもいないこと、この個所(前後も含めて)を読んでもそうは解釈できない所を曲解しているのには驚いた次第です。

 ある別な団体などの 「献金の恵み 2018/7/1 日曜日」などのメッセージを読んで感じることは、ここでは、「貧しいやもめの献金」はなぜか、第二コリントの聖句と結びつけられ、全体的には福音派や聖霊運動系の団体でよくある「繁栄の信仰」、多くおしみなく献げた者には祝福があるという見返り的信仰がよく表れています。今回は比較的まだまともな方の宗教的搾取メッセージをみましたが、もっと露骨に読んでいて嫌になる酷いものなんかはまだまだあります。

 ちなみにエルサレムの  "神殿には13の角笛型奉納箱があり、それらには〔次のように〕書かれていた。「新シェケル」、「古シェケル」、「鳥〔の献げ物〕」、「焼き尽くす献げ物のための鳩」、「薪」、「香」、「贖いの座のための金」、そして〔残りの〕六つ〔の奉納箱〕には「随意の献げ物」と書かれて" います。そして、この "随意の献げ物と書かれている奉納箱について。彼らはこの随意の献げ物に対してどのように対応するか。彼らはこれをもって焼き尽くす献げ物を購入する。肉は神にささげられ、皮は祭司たちのものとなる。" (ユダヤ古典叢書「ミシュナ Ⅱ モエード」 教文館 シェカリーム6:5-6) とある通りで、先程のメッセージにあった「献金が何につかわれるのかは見ておられないんですね。」と書いていますが、それがそもそも主題の話じゃないですからね。まあ、ユダヤ人ならこの献金箱に随意の献げ物を投げ入れたものが、どのように使われるかは当然知っていました。また、「神殿の建物や神殿の中のいろいろな道具を整えておくためにつかわれるんですし、神殿にたくさんいる祭司たちを雇うためにつかわれるんです。」も神殿で使う器物の献げ物は、神殿の器物部屋(ミシュナ・シェカリーム5:6)に献げますし、祭司たちとレビ人たちは地の産物からの第一の十分の一で支えられています(「ミシュナ Ⅰ モエード」 教文館)。

 この福音書の個所を読んでいますと、イエスは特段この貧しいやもめをほめているわけではなく、あくまでも偽善的な律法学者やこのやもめと同じ場所で献金をする人たち、特にたくさんのお金を投げ入れていた金持ちとの対比で、このやもめのわずかな献金が劣るものではなく、まして金持や他の人々よりも多く献げているといわれたにすぎません。


ステタール銀貨とデナリウス銀貨 URL付
(もしかしたら金持ちはこれくらいの価格の貨幣を投げ入れてたのかも(神殿なので本来はシェケルかフェニキアの貨幣)。画像のステタール銀貨はレプリカ品です。デナリ銀貨は実物です)

プルタ二枚と50円硬貨二枚 URL
(プルタ二枚(画像のものはレプリカ品です)と50円玉二枚)

 この一場面を見て、イエスがその貧しいやもめのその日の全生活費だとかはわからなかったでしょうが、身なりからして未亡人(やもめ)の着る質素で飾り気のない服装をし(ユディト記10:3-4)、その未亡人の服装もみすぼらしいものだったのでしょう。そして、献金するために金袋から出てきたのはわずかにプルタ二枚(プルタプルタ ⑵)、ローマの貨幣になおしてわずかに一クォドランス(四分の一アス、マタイ10:29によれば献げ物に使われるスズメ二羽が二アス(ギリシャ読みで「アサリオン」)ですから、プルタ二枚がいかに少額かがわかる。現在の価格になおしているサイトなどの記事を見ますと100円程度との見解も見られます。)でした。

 この献げ物をするために彼女は、身なりを整え神殿までやって来て、そして、神殿に入る前に沐浴をして身を清めて、この婦人の庭にある角笛型の献金箱に銭貨二枚を捧げるのでした。その素朴な信仰の姿をイエス見られ、立派な身なりをした裕福そうな人が多くのお金を惜しみなく投げ入れる姿よりも、とっても尊いものとして見られました。

やもめの献金 プルタ二枚 URL

 しかし、現代になおしてみますと、見るからに極貧の婦人(ホームレスの婦人の場合も)が神社に来て、財布から有り金全部である100円程度を賽銭箱に投げ入れている姿を見かけて、果たしてキリスト教で美化され続けていたように見えるでしょうか。貧しい、困っている人ほどすがる思いで手元に残った僅かなお金を惜しんだりはしないものです。あまりにもキリスト教会はこの話を美化し、教会の集金活動に利用してきたのだと思います。

 ルカ福音書を元に作られた映画「JESUS」でこの場面が再現されていましたが、そのでは貧しいやもめの献金を見て周りの人たちが罵倒する場面が描かれて、イエスが周りの民衆に如何に貧しいやもめの献金が優れているかを説きますが、福音派の姿勢がよく見えるものです。

二つの吹き替え版のセリフを見てみたいと思います。

映画 ジーザス 1987年日本語吹き替え版 ビデオパッケージ URL

映画 ジーザス 貧しいやもめの献金 ①

映画 ジーザス 貧しいやもめの献金 ②

映画 ジーザス 貧しいやもめの献金 ③


1987年のビデオの日本語吹き替え版

ナレーション:祭司長、律法学者、民衆の主だった者たちは、イエスを殺そうと思っていた。
民衆が皆熱心に、イエスに耳を傾けていたので、手の下しようがなかった。
ある日、イエスは貧しいやもめが献金箱にレプタ銅貨二つを入れているのをご覧になった。

男A:「たったそれだけ」

男B:「もっと出せないのか」

イエス:「待ちなさい。この貧しいやもめは誰よりもたくさん入れたのだ。
金持ちは、有り余る中から、そのわずかを献金したにすぎないが、
この婦人は、乏しい中から、生活費の全部を入れたからだ。」


YouTubeに2016年に日本コプト教会によってアップされていた吹き替え版
動画 The Jesus Movie (Japanese Dubbed) イエスの生涯 映画 (日本語吹替版)

ナレーション:偽善的律法学者やパリサイ派の人々は、イエスを殺そうと団結しはじめたが、
イエスを信じる者が急増したため、手を下せない状態だった。
ある日、イエスは、貧しい未亡人が献金しているのを見た。

女「あれっぽっち」

男「もっと出せないのか」

イエス:「ちょっと待て。この人は誰よりも多く献げたんだ。
金持ちは有り余る中から、ほんの少しを献げただけだが、
でも彼女は、生活費のすべてを惜しみなく投げ込んだ。」


87年のビデオ日本語吹き替え版よりも今の吹き替え版の方が、「すべてを惜しみなく」という献金集金に見合う訳になっているように感じます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク