fc2ブログ

金の板に文字が書かれていれば利用しようとする

金版横03斜め URL


 「モルモン経」(佐藤龍猪 訳)の二代目と三代目の装丁のものにのみ8ページのカラーページが付されています(本文中のカラー挿絵は除く。他の装丁版はイエスが按手している絵の1ページだけです)。

モルモン經 三代目表装とカラーページ URL

その画像の中に1枚の金の板にくさび形文字が刻まれているものがあり、その下に以下の "1961年ペルシアで発見された金版 ダリウス二世(B.C.400年)の時代のもので、一面にくさび形文字が刻み込まれている。 この版の大きさはモルモン経の金版とほぼ同じである。ジョセフ・スミスは、モルモン経の金版は幅約14.4センチ、縦約19.2センチ、厚さは普通のブリキ版ぐらいであったと述べている。" という説明文が付されています。

ペルセポリスのアパダーナ(謁見の間)の東南隅の土台の下に埋納されていた定礎碑文

 しかし、このくさび形文字の刻まれた金の板は、どう見てもペルセポリスのアパダーナ(謁見の間)の東南の隅の土台部分に埋納されていたダレイオス1世の定礎碑文(銀製のものと金製の二枚)に見えます。画像を拡大して対比しても同じに見えます。

ダレイオス1世の定礎碑文とモルモン経の画像

 それをダレイオス二世時代のものと誤っていたために、それ以降の表装版から削除されたのではないかと思います。このダレイオス1世の金製の定礎碑文とそれが納められていた石の入れ物は、モルモン神話の「預言者ジョセフ・スミスの証」の中に、天使モロナイによって金版に刻まれた古代アメリカの記録が、ニューヨーク州オンタリオ郡マンチェスターの村の近くのクモラの丘の土中に石の箱の中に納められていたとの話から、石の箱に納められて土の中に埋納されていたダレイオス1世の定礎碑文と似ているという事で、モルモン系のサイトやブログなどでよく取り上げられているものの一つです。

 あとモルモン系のサイトなどでは、その外にブルガリアで発見された最古の製本である(前500年ごろ)24金の板に乗馬する男、竪琴、人魚、戦士などが描かれ、それが6枚あり、フックというかそういうものでコーデックス風になったものなどもよく見かけます。

エトルリアの最古の本
Golden Orphism Book

 その他には唐や高麗の金版経と呼ばれる金の板に経文を書いたものなども見られます(金板経については次のサイト記事などが参考になります唐の金板経(金剛般若波羅蜜経)高麗金板経)。

  もう一つ、Yahoo!ニュースの「Could lead codices prove ‘the major discovery of Christian history’?」のニュース記事のヨルダンの国で発見された鉛プレートに刻まれ、リングで縛られた初期キリスト教の写本なども見られたりします。

 しかし、金属の板や金の板に文字が刻まれていれば、歴史的背景やどのような立場の人間がそれを作らせたのかを考慮しないで、何にでも反応して、モルモンの金版と結びつけたりするのは哀れです。


関連

偽りのかなめ石 偽書であるモルモン書 1

偽りのかなめ石 偽書であるモルモン書 2

聖書を改変するモルモン教

有名なモルモン書のあり得ない箇所と言い訳

白い肌と黒い肌

金版、真鍮版

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク