fc2ブログ

百利口語(ひゃくりくご) 一遍上人

百利口語(ひゃくりくご)

六道輪廻の間には ともなふ人もなかりけり

独(ひとり)むまれて独死す 生死(しょうじ)の道こそかなしけれ

或は有頂(うちょう)の雲の上 或は無間(むけん)の獄(ごく)の下

善悪(ぜんなく)ふたつの業(ごう)により いたらぬ栖(すみか)はなかりけり

然るに人天善所(にんでんぜんしょ)には 生(しょう)をうること有がたし

常に三塗(さんず)の悪道を 栖(すみか)としてのみ出(いで)やらず

黒縄(こくじょう)・衆合(しゅうごう)に骨をやき 刀山(とうざん)・剣樹(けんじゅ)に肝をさく

餓鬼となりては食(しょく)にうゑ 畜生愚痴(ちくしょうぐち)の報もうし

かゝる苦悩を受けし身の しばらく三途をまぬかれて

たまたま人身(にんしん)得たる時 などか生死をいとはざる

人の形に成たれど 世間の希望(けもう)たえずして

身心苦悩することは 地獄を出たるかひぞなき

物をほしがる心根は 餓鬼の果報にたがはざる

迭(たがい)に害心おこすこと たゞ畜生にことならず

此等の妄念おこしつゝ 明け暮ぬといそぐ身の

五欲の絆につながれて 火宅(かたく)を出ずは憂(う)かるべし

千秋万歳(せんしゅうばんざい)おくれども たゞ雷(いなずま)のあひだなり

つながぬ月日過行(すぎゆ)けば 死の期(ご)きたるは程もなし

生老病死のくるしみは 人をきらはぬ事なれば

貴賤(きせん)高下(こうげ)の隔てなく 貧富共にのがれなし

露の命のあるほどぞ 瑶(たま)の台(うてな)もみがくべき

一度無常の風ふけば 花のすがたも散りはてぬ

父母と妻子を始とし 財宝所住にいたるまで

百千万億(ひゃくせんまんのく)皆ながら 我身のためとおもいつゝ

惜み育みかなしみし 此身をだに打ちすてゝ

たましひ独りさらん時 たれか冥途(めいど)へおくるべき

親類眷属あつまりて 屍(かばね)を抱(いだき)てさけべども

業にひかれて迷ゆく 生死の夢はよもさめじ

かゝることはり聞しより 身命(しんみょう)財もをしからず

妄境(もうきょう)既にふりすてゝ 独ある身となり果てぬ

曠劫多生(こうごうたしょう)の間には 父母にあらざる者もなし

万(よろず)の衆生(しゅじょう)を伴なひて はやく浄土にいたるべし

無為(むい)の境(さかい)にいらんため すつるぞ実(まこと)の報恩よ

口にとなふる念仏を 普(あまね)く衆生に施して

これこそ恒の栖(すみか)とて いづくに宿を定めねど

さすがに家の多ければ 雨にうたるゝ事もなし

此身をやどす其程(そのほど)は あるじも我も同じこと

終(つい)にうち捨てゆかんには 主(あるじ)がほしてなにかせん

本より火宅と知ぬれば 焼けうすれども騒がれず

荒(すさみ)たる処みゆれども つくらふ心さらになし

畳一畳しきぬれば 狭(せばし)とおもふ事もなし

念仏まうす起ふしは 妄念おこらぬ住居(すまい)かな

道場すべて無用なり 行住坐臥(ぎょうじゅうざが)にたもちたる

南無阿弥陀仏の名号は 過たる此身の本尊なり

利欲(りよく)の心すゝまねば 勧進聖(かんじんひじり)もしたからず

五種の不浄を離ねば 説法せじとちかひてき

法主(ほっす)軌則(きそく)をこのまねば 弟子の法師もほしからず

誰を檀那と頼まねば 人にへつらふ事もなし

暫く此身のある程ぞ さすがに衣食(えじき)は離ねど

それも前世の果報ぞと いとなむ事も更になし

詞(ことば)をつくし乞(こい)あるき へつらひもとめ願はねど

僅かに命をつぐほどは さすがに人こそ供養すれ

それもあたらずなり果(はて)ば 飢死(うえじに)こそはせんずらめ

死して浄土に生れなば 殊勝の事こそ有べけれ

世間の出世もこのまねば 衣も常に定めなし

人の着するにまかせつゝ わづらひなきを本(もと)とする

小袖(こそで)・帷子(かたびら)・紙のきぬ ふりたる筵(むしろ)・蓑(みの)のきれ

寒さふせがん為なれば 有に任て身にまとふ

命をさゝふる食物は あたりつきたる其まゝに

死するを歎く身ならねば 病のためともきらはれず

よわるを痛む身ならねば 力のためとも願はれず

色の為ともおもはねば 味(あじわい)たしむ事もなし

善悪ともに皆ながら 輪廻生死の業なれば

すべて三界(さんがい)・六道に 羨(うらや)ましき事さらになし

阿弥陀仏に帰命(きみょう)して 南無阿弥陀仏と唱ふれば

摂取(せっしゅ)の光に照されて 真の奉事(ぶじ)となるときは

観音・勢至の勝友(しょうゆう)あり 同朋(どうほう)もとめて何かせん

諸仏護念(ごねん)したまへば 一切横難(おうなん)おそれなし

かゝることわりしる事も 偏(ひとえ)に仏の恩徳(おんどく)と

思へば歓喜せられつゝ いよいよ念仏まうさるゝ

一切衆生のためならで 世をめぐりての詮(せん)もなし

一年(ひととせ)熊野にまうでつゝ 証誠殿(しょうじょうでん)にまうぜしに

あらたに夢想の告有(つげあり)て それに任て過(すぐ)る身の

後生の為に依怙もなし 平等利益の為ぞかし

但し不浄をまろくして 終には土とすつる身を

信ぜん人も益(やく)あらじ 謗せん人も罪あらじ

口にとなふる名号は 不可思議功徳なる故に

見聞覚知(けんもんかくち)の人もみな 生死の夢をさますべし

信謗(しんぼう)共に利益せむ 他力不思議の名号は

無始(むし)本有(ほんぬ)の行体(ぎょうたい)ぞ 始て修するとおもふなよ

本来仏性一如にて 迷悟の差別なきものを

そゞろに妄念おこしつゝ 迷とおもふぞ不思議なる

然に弥陀の本誓(ほんぜい)は まよひの衆生に施(ほどこ)して

鈍根無智(どんこんむち)の為なれば 智慧弁才もねがはれず

布施持戒をも願はれず 比丘の破戒もなげかれず

定散(じょうさん)共に摂すれば 行住坐臥に障なし

善悪ともに隔ねば 悪業人もすてられず

雑善(ぞうぜん)すべて生ぜねば 善根ほしともはげまれず

身の振舞にいろはねば 人目をかざる事もなし

心はからひたのまねば さとるこゝろも絶え果てぬ

諸仏の光明およばざる 無量寿仏(むりょうじゅぶつ)の名号は

迷悟(めいご)の法にあらざれば 難思(なんし)光仏(こうぶつ)とほめ給ふ

此法信楽(しんぎょう)する時に 仏も衆生も隔なく

彼此(ひし)の三業捨離(さんごうしゃり)せねば 無礙(むげ)光仏と申すなり

すべて思量をとゞめつゝ 仰で仏に身をまかせ

出入(いでいる)息をかぎりにて 南無阿弥陀仏と申べし


****

大無量寿経

(三毒段)
・・・
・・・人(ひと)、世間愛欲の中に在りて、独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る。(かれのなせし善悪の)行ない(の報いを受くる)にあたりて、苦楽の地(じ)に至り趣(おもむ)く。身みずからこれを当(う)け、代る者あることなし。
(「浄土三部経 上」 岩波文庫 pp.180-181)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク