fc2ブログ

無財の七施 雜寶藏經卷第六


SAT大蔵経DB 2018 https://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT2018/V04.0479b.html

雜寶藏經卷第六

(七六) 七種施因縁
佛説有七種施。不損財物。獲大果報。一名
眼施。常以好眼。視父母師長沙門婆羅門
不以惡眼。名爲眼施。捨身受身。得清淨眼。
未來成佛。得天眼佛眼。是名第一果報。二
和顏悦色施。於父母師長沙門婆羅門。不顰
蹙惡色。捨身受身。得端正色。未來成佛。得
眞金色。是名第二果報。三名言辭施。於父
母師長沙門婆羅門。出柔軟語。非麤惡言。
捨身受身。得言語辯了。所可言説。爲人信
受。未來成佛。得四辯才。是名第三果報。四
名身施。於父母師長沙門婆羅門。起迎禮
拜。是名身施。捨身受身。得端政身。長大之
身。人所敬身。未來成佛。身如尼拘陀樹。無
見頂者。是名第四果報。五名心施。雖以
上事供養。心不和善。不名爲施。善心和善。
深生供養。是名心施。捨身受身。得明了心。
不癡狂心。未來成佛。得一切種智心。是名
心施第五果報。六名床座施。若見父母師長
沙門婆羅門。爲敷床座令坐。乃至自以已
所自坐。請使令坐。捨身受身。常得尊貴七
寶床座。未來成佛。得師子法座。是名第六
果報。七名房舍施。前父母師長沙門婆羅
門。使屋舍之中得行來坐臥。即名房舍施。
捨身受身。得自然宮殿舍宅。未來成佛。得
諸禪屋宅。是名第七果報。是名七施。雖不
損財物。獲大果報

***


「国訳一切経 阿含部 十 増壱阿含経 三 本縁部 一 雑寶蔵経」 (1931年 大東出版社 pp.117-118)

 雜寶藏經第六巻
七十六 七種施の因縁
佛説きたまふに、七種施あり、財物を損せずして大果報を獲ん。
 一には眼施と名く、常に好眼を以て父母・師長・沙門・婆羅門を観る惡眼を以てせず、名けて眼施となす。身を捨つるも身を受けて清淨眼を得、未來成佛して天眼佛眼を得ん。是を第一の果報と名くるなり。
 二には和顏悦色施と名く、父母・師長・沙門・婆羅門に於て、惡色をもつて顰蹙せず、身を捨つるも身を受けて端正色を得、未來成佛して。眞金色を得ん。是を第二の果報と名くるなり。
 三には言辭施と名く、父母・師長・沙門・婆羅門に於て柔軟の語を出し麤惡の言に非ざれば、身を捨つるも身を受けて、言語の辯了を得ること言説すべからずして人の爲に信受せられ、未來成佛して四辯才を得ん。是を第三の果報と名くるなり。
 四には身施と名く、父母・師長・沙門・婆羅門に於て、起ち迎へて禮拜す。是を身施と名く。身を捨つるも身を受けて、端正の身長大の身人に敬はヽ身を得、未來に成佛しては身は尼拘陀樹の如く頂を見る者なけん。是を第四の果報と名くるなり。
 五には心施と名く、上の事を以て供養すると雖、心(こヽろ)和善ならずんば名けて施と爲さず。善心にして和善ならば深く供養を生ぜん、是を心施と名く。身を捨つるも身を受け、明了心を得て癡狂の心ならず。未來に成佛して一切種智心を得ん、是を名けて心施第五の果報となすなり。
 六には床座施と名く。若し父母・師長・沙門・婆羅門を見ば、爲に床座を敷きて坐せしめ、乃至自(みずか)ら已(すで)自(みずか)ら坐せる所を以て請ひ坐せしむるなり。身を捨つるも身を受け、常に尊貴なる七寶の床座を得。未來に成佛して師子法座を得ん、是を第六の果報と名くるなり。
 七には房舍施と名く、前の父母・師長・沙門・婆羅門をして、屋舍の中に行來坐臥することを得せしむ、即ち房舍施と名くるなり。身を捨つるも身を受け、自然の宮殿舍宅を得、未來に成佛して諸の禪屋宅を得ん。是を第七の果報と名くるなり。
 是を七施と名く。財物を損せずと獲大果報を得るなり。

***

真金色(しんこんじき)

尼拘陀樹(にくだじゅ、サンスクリット語ニヤグローダnyagrodha) バニヤン(菩提樹)・尼拘律樹(にくりつじゆ)とも言う


コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%A1%B0%E8%B9%99-614634
精選版 日本国語大辞典「顰蹙」の解説
ひん‐しゅく【顰蹙・頻・頻蹙】
〘名〙 眉をひそめること。顔をしかめて不快の情を表わすこと。
※性霊集‐五(835頃)為大使与福州観察使書「頻蹙猛風、待葬鼈口」
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉五「所謂教育ある人達を顰蹙(ヒンシュク)せしめたけれど」 〔孟子‐滕文公下〕

***

WEB版新纂浄土宗大辞典 無財の七施  http://jodoshuzensho.jp/daijiten/index.php/%E7%84%A1%E8%B2%A1%E3%81%AE%E4%B8%83%E6%96%BD

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク