fc2ブログ

耶蘇会の日本年報


クエリヨの答辯

・・・日本人に我等の主耶蘇基督の教に依つてのみ得らるべき救の事を告げん為めであり、彼等の渡来が此の為めである故、力の限り帰依せしむることに盡すが、強制してキリシタンとなすことは我等の習慣でもなく、又之をしたこともない。日本人は其国に於て自由であり、パードレ達は権力を有せざる故、假令希望しても強制することはできない。又日本人を強制するものは彼等に説く教が眞理であることで、之に動かされてキリシタンとなるのである。彼等は神佛の教に依つて救を得られぬことを悟り、自ら社寺を破壊し、其後にデウスの聖堂を建てたのである。馬肉を食ふことに付いては、パードレ達は之を食はず、ポルトガル人の間にも之を食ふ習慣はない。併しポルトガル人が其國の習慣に従つて牛肉を食ふことは事實であり、パードレ達もポルトガル人の來る港に居る時は之を食つた。併し若し之を止めることを殿下が望まるれば、止めることは容易である。ポルトガル人が日本人を買ふことは、日本人が之を賣るのである故、殿下が望まるれば諸港の領主に日本人を賣ることを止めるやう命じ、之に背く者を重刑に處せられたらば容易に停止することが出來るであらう。

(「耶蘇会の日本年報. 第2輯」 村上直次郎 訳註 拓文堂 昭和19 pp.320-321)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク