fc2ブログ

ルカによる福音書第3章に見る翻訳の推移 共同訳(1975年パイロット版)、共同訳(1978年)、新共同訳、新翻訳事業パイロット版、聖書協会共同訳の対照


 今回はカトリックとプロテスタント共同翻訳の聖書の訳文の変遷を見やすく節ごとの対照にしてみました。共同訳(1978年)のパイロット版がルカによる福音書(「ルカスによる福音」)だけなので、各訳のルカによる福音書から第三章を抜き出して対照してみたいと思います。ルカ第三章は各訳において語句訂正がなされていないので初版と訳文が変わっているところはありません。

ルカス:→「ルカスによる福音」 1975年
共同訳:→「共同訳 新約聖書」 1978年
新共同:→「新共同訳」 1985年
パイロ:→「新翻訳事業パイロット版 ルカによる福音書」 2016年
協会共:→「聖書協会共同訳」 2018年


1

ルカス:皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティウス=ピラトゥスがユダヤの総督、ヘロデスがガリラヤの領主、その兄弟フィリポスがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアスがアビレネの領主であり、

共同訳:皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティウス・ピラトゥスがユダヤの総督、ヘロデスがガリラヤの領主、その兄弟フィリポスがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアスがアビレネの領主、

新共同:皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、

パイロ:皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、さらに、リサニアがアビレネの領主、

協会共:皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、



2

ルカス:ハンナスとカイアファスとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアスの子ヨハンネスに降った。

共同訳:ハンナスとカイアファスとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアスの子ヨハンネスに降った。

新共同:アンナスとカイアファとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。

パイロ:アンナスとカイアファが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに臨んだ。

協会共:アンナスとカイアファが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに臨んだ。


3

ルカス:そこで、ヨハンネスはヨルダンの盆地をあまねく歩き、罪のゆるしをもたらす悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

共同訳:そこで、ヨハンネスはヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪のゆるしを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

新共同:そこで、ヨハネはヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

パイロ:ヨハネはヨルダン川流域一帯に行き、罪の赦しに至る悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

協会共:ヨハネはヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼(バプテスマ)を宣べ伝えた。

4

ルカス:これは預言者イェシャヤの書に書いてあるとおりである。/「荒れ野で叫ぶ人の声がする。/『主の道を用意せよ。/その道筋をまっすぐにせよ。

共同訳:これは、預言者イシャヤの書に書いてあるとおりである。/「荒れ野で叫ぶ人の声がする。/『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。

新共同:これは、預言者イザヤの書に書いてあるとおりである。「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。

パイロ:これは、預言者イザヤの言葉の書に書いてあるとおりである。/「荒れ野で叫ぶ者の声がする。/『主の道を備えよ。/その道筋をまっすぐにせよ。

協会共:これは、預言者イザヤの言葉の書に書いてあるとおりである。/「荒れ野で叫ぶ者の声がする。/『主の道を備えよ/その道筋をまっすぐにせよ。


5

ルカス:谷はすべて埋められ、/山と丘はみな低くされる。/曲がった道はまっすぐに、/でこぼこの道は平らになり、

共同訳:谷はすべて埋められ、/山と丘はみな低くされる。/曲がった道はまっすぐに、/でこぼこの道は平らになり、

新共同:谷はすべて埋められ、/山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、/でこぼこの道は平らになり、

パイロ:すべての谷は埋められ/すべての山と丘は低くされる。/曲がった道はまっすぐにされ/起伏の多い道は平らにされる。

協会共:谷はすべて埋められ/山と丘はみな低くされる。/曲がった道はまっすぐに/でこぼこの道は平らになり


6

ルカス:人はみな神の救いを仰ぎ見る。』」

共同訳:人は皆神の救いを仰ぎ見る』と」。

新共同:人は皆、神の救いを仰ぎ見る。』」

パイロ:すべての人は神の救いを見る。』」

協会共:人は皆、神の救いを見る。』」


7

ルカス:そこで、ヨハンネスは、洗礼を受けようとして出て来た群衆に言った。「まむしの子孫ども、差し迫った神の怒りを免れるようにと、だれが教えたのか。

共同訳:そこでヨハンネスは、洗礼を授けてもらおうとして出て来た群衆に言った。「蝮の子孫ども、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

新共同:そこでヨハネは、洗礼を授けてもらおうとして出て来た群衆に言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

パイロ:ヨハネは、彼から洗礼を受けようとして出て来た群衆に向かって言った。「毒蛇の子らよ、来るべき神の怒りから逃れるように、誰がお前たちに教えたのか。

協会共:そこでヨハネは、洗礼(バプテスマ)を授けてもらおうとして出て来た群衆に言った。「毒蛇の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、誰が教えたのか。


8

ルカス:悔い改めにふさわしい実を結べ。自分の先祖はアブラハムだ、などと思ってもみるな。お前たちに言っておく、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子孫を造ることができるのだ。

共同訳:悔い改めにふさわしい実を結べ。自分の先祖はアブラハムだ、などという考えを起こすな。言っておくが、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子孫を造り出すことができるのだ。

新共同:悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などという考えを起こすな。言っておくが、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。

パイロ:それならば、悔い改めにふさわしい実を結べ。そして、『われわれの父祖はアブラハムである』などと心の中で言い始めるな。お前たちに言う。神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになる。

協会共:それなら、悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などという考えを起こすな。言っておくが、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。


9

ルカス:斧は、すでに、木の根もとに置かれている。良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれる。」

共同訳:斧はすでに木の根もとに置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる」。

新共同:斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。」

パイロ:すでに斧も、木の根元に置かれている。だから、良い実を結ばない木はすべて切り倒され、火に中に投げ込まれる。」

協会共:斧はすでに木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒され、火に投げ込まれる。」


10

ルカス:そこで群衆はヨハンネスに、「では、わたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。

共同訳:そこで群衆は、「では、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。

新共同:そこで群衆は、「では、わたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。

パイロ:群衆はヨハネに尋ねた。「では、わたしたちはどうすればよいのですか。」

協会共:群衆は、「では、私たちはどうすればよいのですか」と尋ねた。


11

ルカス:彼は、「下着を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ。食べ物を持つ者も同じようにせよ」と答えた。

共同訳:ヨハンネスは、「下着を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ。食べ物を持っている者も同じようにせよ」と答えた。

新共同:ヨハネは、「下着を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ。食べ物を持っている者も同じようにせよ」と答えた。

パイロ:ヨハネは彼らに答えた。「下着を二枚持っている者は、持たない者と分かち合え、食べ物を持っている者も同様にせよ。」

協会共:ヨハネは、「下着を二枚持っている者は、持たない者に分けてやれ。食べ物を持っている者も同じようにせよ」と答えた。


12

ルカス:徴税人も洗礼を受けるために来て、「先生、わたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。

共同訳:徴税人も洗礼を受けるために来て、「先生、わたしたちは何をすればよいのですか」と言った。

新共同:徴税人も洗礼を受けるために来て、「先生、わたしたちはどうすればよいのですか」と言った。

パイロ:徴税人たちも洗礼を受けるためにやって来て、ヨハネに尋ねた。「先生、わたしたちはどうすればよいのですか。」

協会共:徴税人も洗礼(バプテスマ)を受けるために来て、「先生、私たちはどうすればよいのですか」と言った。


13

ルカス:ヨハンネスは、「規定以上のものは取り立てるな」と答えた。

共同訳:ヨハンネスは、「規定以上のものは取り立てるな」と答えた。

新共同:ヨハネは、「規定以上のものは取り立てるな」と言った。

パイロ:ヨハネは彼らに答えた。「お前たちに命じられたもの以上に、誰からも取り立ててはならない。」

協会共:ヨハネは、「規定以上のものは取り立てるな」と言った。


14

ルカス:兵士も、「では、われわれはどうすればいいのですか」と尋ねた。彼は、「だれからも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と答えた。

共同訳:兵士も、「では、我々は何をすればよいのですか」と尋ねた。ヨハンネスは、「だれからも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と答えた。

新共同:兵士も、「このわたしたちはどうすればよいのですか」と尋ねた。ヨハネは、「だれからも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と言った。

パイロ:兵士たちもヨハネに尋ねた。「では、わたしたちはどうすればよいのですか。」ヨハネは彼らに答えた。「人をゆすったり、うその告発をしてはならぬ。自分の給料で満足せよ。」

協会共:兵士も、「この私たちはどうすればよいのですか」と言った。ヨハネは、「誰からも金をゆすったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ」と言った。

15

ルカス:民衆は救い主を待ち望んでいて、もしかしたら、ヨハンネスが救い主ではないかと、みな心の中で考えていたので、

共同訳:民衆はメシアを待ち望んでいて、もしかしたら、ヨハンネスがメシアではないかと、皆心の中で考えていた。

新共同:民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。

パイロ:民はメシアを待ち望んでいたので、皆がヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、心の中で思い巡らした。

協会共:民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。


16

ルカス:そこで、ヨハンネスはみなに向かって言った。「わたしは、お前たちに水で洗礼を授けるが、わたしよりもすぐれたかたがあとから来られる。わたしは、そのかたのくつのひもを解く値うちすらない。そのかたは、聖霊と火でお前たちに洗礼を授ける。

共同訳:そこで、ヨハンネスは皆に向かって言った。「わたしはお前たちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れたかたが、あとから来られる。わたしは、そのかたの履き物のひもを解く値うちすらない。そのかたは、聖霊と火でお前たちに洗礼をお授けになる。

新共同:そこで、ヨハネは皆に向かって言った。「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。

パイロ:ヨハネは皆に向かって言った。「わたしは水であなたがたに洗礼(バプテスマ)を授けるが、わたしよりも力のある方が来られる。わたしにはその方の履物のひもを解く値打ちもない。その方はこそが、聖霊と火によってあなたがたに洗礼をお授けになる。

協会共:ヨハネは皆に向かって言った。「私はあなたがたに水で洗礼(バプテスマ)を授けているが、私よりも力のある方が来られる。私は、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたがたに洗礼(バプテスマ)をお授けになる。


17

ルカス:そして、手に箕を持って脱穀場の麦を残らずふるい分け、麦は集めてその倉に入れ、殻は消えることのない火で焼き払う。」

共同訳:そして、手に箕を持って脱穀場の麦を残らずふるい分け、麦は集めてその倉に入れ、殻は消えることのない火で焼き払われる。」

新共同:そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

パイロ:その方は手に箕を持ち、そして、脱穀場をきれいにして、麦を集めて倉に納め、もみ殻を消えることのない火で焼き尽くされる。」

協会共:その手には箕がある。そして、麦打ち場を掃き清め、麦は倉に納めて、殻を消えない火で焼き尽くされる。」


18

ルカス:こうして、ヨハンネスは、ほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を伝えた。

共同訳:こうして、ヨハンネスはほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を伝えた。

新共同:ヨハネは、ほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を告げ知らせた。

パイロ:ヨハネは、ほかにも多くのことを勧め、民に福音を告げ知らせた。

協会共:ヨハネは、ほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を告げ知らせた。

19

ルカス:ところで、領主ヘロデスは、自分の兄弟の妻ヘロディアスとのことについて、また、自分の行ったあらゆる悪事について、ヨハンネスに責められたので、ヨハンネスを牢屋に閉じ込めた。

共同訳:ところで、領主ヘロデスは、自分の兄弟の妻ヘロディアスとのことについて、また、自分の行ったあらゆる悪事について、ヨハンネスに責められたので、

新共同:ところで、領主ヘロデは、自分の兄弟の妻ヘロディアとのことについて、また、自分の行ったあらゆる悪事について、ヨハネに責められたので、

パイロ:しかし、領主ヘロデは、自分の兄弟の妻ヘロディアとのことについて、また、彼が行った数々の悪行について、ヨハネから非難されたので、

協会共:しかし、領主ヘロデは、兄弟の妻ヘロディアとのことについて、また、自分の行ったあらゆる悪事について、ヨハネに責められたので、


20

ルカス:こうしてヘロデスはすべての悪事にもう一つの悪事を加えた。

共同訳:ヨハンネスを牢屋に閉じ込めた。こうしてヘロデスは、これらすべての悪事にもう一つの悪事を加えた。

新共同:ヨハネを牢に閉じ込めた。こうしてヘロデは、それまでの悪事にもう一つの悪事を加えた。

パイロ:ヨハネを牢に閉じ込め、すべての悪事の上にさらに悪事を重ねた。

協会共:ヨハネを牢に閉じ込めた。こうしてヘロデは、さらに悪事を重ねることとなった。


21

ルカス:民衆がみな洗礼を受け、イエススも洗礼を受けて祈っていると、天が開いて、

共同訳:民衆が皆洗礼を受け、イエススも洗礼を受けて祈っていると、天が開け、

新共同:民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、

パイロ:さて、民衆が皆洗礼(バプテスマ)を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると天が開け、

協会共:さて、民が皆、洗礼を受け、イエスも洗礼(バプテスマ)を受けて祈っておられると、天が開け、


22

ルカス:聖霊が鳩のような目に見える姿で彼の上に降りて来た。そして、天から声がした。「お前はわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。」

共同訳:聖霊が、鳩のように見える姿で、イエススの上に降って来た。すると、「お前はわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」という声が、天からきこえてきた。

新共同:聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。

パイロ:聖霊が鳩のような形でイエスの上に降り、そして、天から声がした。「あなたこそ、わたしの愛する子、わたしの心に適う者。」

協会共:聖霊が鳩のような姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたは私の愛する子、私の心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。



23

ルカス:およそ三十歳で、イエススは宣教を始めた。彼はヨセフの子と思われていた。このヨセフはエリの子、それから先祖をたどると、

共同訳:イエススが宣教を始めたとき、およそ三十歳で、ヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子、それから先祖をたどると、

新共同:イエスが宣教を始められたときはおよそ三十歳であった。イエスはヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子、それからさかのぼると、

パイロ:イエス自身が宣教を始められたのは、およそ三十歳の時であり、ヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子であり、それからさかのぼると、

協会共:イエスご自身が宣教を始められたのは、およそ三十歳の時であり、人々からはヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子、それから遡ると、


24

ルカス:マタト、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、

共同訳:マタト、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、

新共同:マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、

パイロ:マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、

協会共:マタト、レビ、メルキ、ヤナイ、ヨセフ、


25

ルカス:マタティアス、アモス、ナフム、ヘスリ、ナンガイ、

共同訳:マタティアス、アモス、ナフム、ヘスリ、ナンガイ、

新共同:マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、

パイロ:マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、

協会共:マタティア、アモス、ナウム、エスリ、ナガイ、


26

ルカス:マハト、マタティアス、セメイン、ヨセク、ヨダ、

共同訳:マハト、マタティアス、セメイン、ヨセク、ヨダ、

新共同:マハト、マタティア、セメイン、ヨセク、ヨダ、

パイロ:マハト、マタティア、セメイン、ヨセク、ヨダ、

協会共:マハト、マタティア、セメイン、ヨセク、ヨダ、


27

ルカス:ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、

共同訳:ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、

新共同:ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、

パイロ:ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、

協会共:ヨハナン、レサ、ゼルバベル、シャルティエル、ネリ、


28

ルカス:メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、

共同訳:メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、

新共同:メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、

パイロ:メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、

協会共:メルキ、アディ、コサム、エルマダム、エル、


29

ルカス:イエスス、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、

共同訳:ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、

新共同:ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、

パイロ:ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、

協会共:ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタト、レビ、


30

ルカス:シメオン、ユダス、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、

共同訳:シメオン、ユダス、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、

新共同:シメオン、ユダ、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、

パイロ:シメオン、ユダ、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、

協会共:シメオン、ユダ、ヨセフ、ヨナム、エリアキム、


31

ルカス:メレア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビド、

共同訳:メレア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビド、

新共同:メレア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビデ、

メパイロ:レア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビデ、

協会共:メレア、メンナ、マタタ、ナタン、ダビデ、


32

ルカス:イシャイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、

共同訳:イシャイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、

新共同:エッサイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、

パイロ:エッサイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、

協会共:エッサイ、オベド、ボアズ、サラ、ナフション、


33

ルカス:アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、

共同訳:アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、

新共同:アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、

パイロ:アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、

協会共:アミナダブ、アドミン、アルニ、ヘツロン、ペレツ、ユダ、


34

ルカス:ヤアコブ、イツハク、アブラハム、テラ、ナホル、

共同訳:ヤアコブ、イツハク、アブラハム、テラ、ナホル、

新共同:ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

パイロ:ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、

協会共:ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、


35

ルカス:セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、

共同訳:セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、

新共同:セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、

パイロ:セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、

協会共:セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、


36

ルカス:カイナム、アルパクシャド、シェム、ノア、レメク、

共同訳:カイナム、アルパクシャド、シェム、ノア、レメク、

新共同:カイナム、アルパクシャド、セム、ノア、レメク、

パイロ:カイナム、アルパクシャド、セム、ノア、レメク、

協会共:カイナム、アルパクシャド、セム、ノア、レメク、


37

ルカス:メトシェラ、ハノク、イエレド、マハラルエル、カイナム、

共同訳:メトシェラ、ハノク、イエレド、マハラルエル、ケナン、

新共同:メトシェラ、エノク、イエレド、マハラルエル、ケナン、

パイロ:メトシェラ、エノク、イエレド、マハラルエル、ケナン、

協会共:メトシェラ、エノク、イエレド、マハラルエル、ケナン、


38

ルカス:エノシュ、シェト、アダム。そして、神に至る。

共同訳:エノシュ、シェト、アダム。そして、神に至る。

新共同:エノシュ、セト、アダム。そして神に至る。

パイロ:エノシュ、セト、アダム、そして神に至る。

協会共:エノシュ、セト、アダム、そして神に至る。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク