fc2ブログ

洗礼 (寄り道)


 洗礼に始まる救いのプロセスは、なんというか「銀河鉄道999」という漫画作品に似ている感じがします。

「西暦2221年、地球の宇宙交通機関は、飛躍的な発達を遂げていた。宇宙鉄道網は銀河の果てまで広がり、宇宙列車が毎日のように、地球と惑星の間を往復していた。
 そのころ、地上には超近代的な都市メガロポリスが出現し、温度調整された中で人々は暑さ寒さを知らない快適な暮らしをしていた。しかも彼らは機械の部品さえ交換すれば、千年はおろか二千年も生き続けることができる体を持っていた。しかし、そのメガロポリスに住めるのは機械の体を買えた金持ちだけで、機械の体を買えない貧しい人々は、メガロポリスから追い立てられ悲惨な暮らしを送っていた。
 そんなある日、貧しい人々の間に、こんなうわさが流れだした。すなわち、この宇宙にただで機械人間になれる星がある。その星に行くには銀河超特急999に乗ればいいと。
 かくして大勢の貧しい人は、銀河超特急の出発駅のあるメガロポリスの近くへと集まってきた。」
(アニメ版「銀河鉄道999」 第一話 ナレーション)

999 1

 長命な機械の体を永遠のいのちに置き換え、それを買える金持ちというのが、ユダヤ教の律法を厳格に行う「義人」と見ますと、癒しや救いを求めて神殿のある聖なる都エルサレムの周りに集まってくる貧しい人や罪人、また、うわさを聞いてやってくるあたりからはイエスのうわさを聞きつけてやってきた大群衆との図式に見えてしまいます。

ガリラヤ


 このナレーションの後に、雪の中をメガロポリスに向かう貧しい星野加奈江・鉄郎母子の場面になります。機械伯爵に母を殺され、雪の中で行き倒れになった鉄郎は、メーテルと名のる謎の女性に救われます。そして、メガロポリスに行って一生懸命働いてパスを買うという鉄郎に、この謎の女性は、鉄郎にパスをあげてもよいと言います。ただし条件が一つあると言い、それは「あたしも一緒に連れて行って欲しいの」というものでした。鉄郎は「なんだ、そんなことか。お安い御用さ」と受諾するのでした。

999 2

 洗礼の恵み、救いの恵みというのは、自分の努力やわざによって得られるものではないこと。それらによって何ら影響されないこと。一方的な恵みであること。ただ一つの条件、「信じる」ことだけが求められていること。そして、鉄道になぞらえれば、終点までは永遠のいのちが得られないこと。また、条件を満たさなくなれば途中で降ろされてしまうこと。

銀河鉄道999 車掌


途中下車させられても再び条件(信仰)を取り戻せば再び乗り込むことができること。パスを持っていても改札を通って乗り込まなければパスを持っているだけでは意味がないこと。自発的に途中下車できること、など、この作品の世界観や鉄道というものに似ていると感じます。

神の国行きパス ブログURL

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク