fc2ブログ

読めば読むほど


開目抄上新編 日蓮大聖人御書全集 創価学会版 開目抄上


やっと開目抄上下を読み終わりました。五大部十大部の内三つ読了ということですが、まだ先は長いといったところです。しかし、眠くなるし、日蓮のカルト性と他宗に対する誹謗と排他性は、読んでいて嫌気がさします。

日蓮 末法


 合わせていろいろ調べていますと、日蓮正宗の本尊について「久遠元初」、「自受用報身如来」などについてと第一章 日蓮正宗の本尊いうページでの説明などを読むと、こんなばからしいことをと思ってしまいます。まあ、聖書の創造物語などを原理主義的解釈をする福音派や聖霊派などの英米の新興キリスト教、またそれらから派生したキリスト教の異端である破壊的カルト団体の解釈よりもなお酷いと思いました。まだ彼らの方がましと思えます。

 仏教というより仏教のエッセンスを混ぜた日蓮教といった感じでしょうか。似たようなものにさっきの英米新興キリスト教から広がり朝鮮半島や朝鮮民族や朝鮮文化、シャーマニズムと儒教、上下関係やお金や性などの欲望などで、さらにむごく汚染され変質した韓国のウリスト教などや、日本の新宗教、新・新宗教などに分類される団体の教祖などに類似のものがよく見られる感じがします。


ムン

car.jpg

ハンキリスト

自称エルカンたーれ

 まあ、普通の日蓮宗がこのような日蓮教まで行っていないで、仏教の枠内なのはまだ救われているところかもしれません。しかし、「新編 日蓮大聖人御書全集 創価学会版」も現代語訳にするか、欄外に用語解説を載せればいいのにと思います。読み辛いは眠くなるは、読んでてさらに日蓮が嫌いになるはと、一種の拷問かもしれないと感じてしまいます(読むのやめればいいだけなんですが、せっかく買ったんですから全部とは言わないでも十大部は読んでおきたい)。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク