fc2ブログ

キリストで商売する団体


キリスト教においても、他の宗教同様お金のトラブルと言うものはあるものです。まともな団体ならば、会計はすべて牧師や牧師家族と分離され信徒の手によって管理されます。そして、しっかりと各帳簿や元帳に収支は記載されチェックされます。毎月必ず信徒には会計状況が役員会より報告書とともに知らされます。期中監査・会期末監査の会計監査もありますし、総会ではそれらの資料が全て会員には配布されます。

 しかしながらそんな教会や団体ばかりではないのが実情です。特に単立系や独立系の教会にはおかしな団体も多く、牧師の個人商店みたいなものまであります。そして、おかしな団体に限って、聖書に根拠のない10分の1献金というものを主張し、さらに多く献げること、多くの時間を教会のために使うこと、やたらと主日以外の礼拝を行なっていたり(土曜や金曜)、祈祷や讃美などの集会をやたらともったりします。

什分の一 1デナリウス 13プルタ マイブログ 説明


 大体そんな怪しげな団体は、アメリカ原産のファンダメンタルな教会や団体なことが多く、原産地から韓国に伝わってさらに変質して日本に伝わっていたり、南米やアフリカ経由であったりします。

 このような団体にいた人たちが、なんらかの理由でその教会の間違いに気付いて離れたり、離れてから間違いに気付いたり、またトラブルから離れて、その異様な集金体質に対していろいろと声を挙げたりしているのは、ネットの世界などでは以前からよく見られる現象でもあります。

 それだけ色々とネットなどには書かれていても、引っかかる人が減っているということもなく、後になって恨み千倍でいろいろと発信していたりするのもよく見かける現象です。

 さて、いろいろと検索していますと、時としてとんでもないものにぶち当たったりします。とある北海道の団体のデボーション記事にこんなことが書いてありました。

"◆デボーション◆ 投資の法則
この世では、事業に投資して利益を得ていますが、クリスチャンたちも、神様の事業に投資する時に、神は備えて下さった祝福の利潤を分かち与えて下さいます。この御言葉は「あなたがたは福音事業に投資したのであるから、偉大な神様は、ご自身の祝福をもって、すべてを満たして下さる」という意味です。これは投資の法則です。皆さんが神様の事業のために投資するなら、栄光の富を持っておられる神様は、必ず、その利益として、必ず30倍、60倍、100倍のもの(霊的祝福か文字通りの経済的祝福)を与えて下さることでしょう。

これは私の個人的証しですが・・、昨年から、年収が突然50万円以上もカットされ、経済的打撃を受けておりました。(その上、仕事量も大幅に増え、悔しい思いをしておりました。)10分の1献金をこれまで神様に忠実に捧げ続けて来た私としては、「なぜ、私がワーキングプアになるのですか?」という疑問があって、神様に何とか、経済的祝福を回復させて下さい、と祈り続けていました。

すると、5万円を「先取り献金」するように主の導きを感じました。「先取り献金」というのは、まだ見ていない(手にしていない)お金がすでに与えられたと信じて、与えられる前に予め、その10分の1を捧げるという献金方法で私が考案(?!)しました。・・・これで年収50万円のカットされた分を、主は祝福をもって補って下さいました。ハレルヤ!(さらに、別頁「あなたの経済が祝福されるために」のNO、2 経済的呪いを打ち砕く方法の赤字部分の祈りが導かれ、ひんぱん祈っておりました。)この出来事を通し、蒔いたものは刈り取り、与えるなら与えられるという聖書的原則を改めて教えられました。

聖書を見ると、投資の法則を用いて祝福を受けた人々が、大勢、記録されています。その中でも代表的な人物は、ザレパテのやもめとペテロ、そして5つのパンと2匹の魚を捧げた少年でありましょう。ザレパテのやもめはエリヤに、ひとつかみの粉と少量の油を投資したことによって、彼女と子供は、ききんの時にも飢えを知らない奇跡を体験しました。

ザレパテのやもめにとっては、それは最後の財産でもありました。それによって一時的に飢えをしのぐか、あるいは、たとい飢えをしのいだとしても、やがて飢え死にするより他に方法はないという状態でした。こんな状況の中で、ザレパテのやもめは信仰をもって投資の法則を用いた結果、奇跡的な利潤を受けたのです。(列王記17章8節~16節参照)

・・・"

 ここまでひどい話と言うのもなかなか見ません。これだけ聖書の意味合いを捻じ曲げているのもすごいと感じます。

 こういう人たちにとって、信仰は金もうけの道具なのでしょう。「神様の事業」などと言ってはいても宗教ビジネスの類にしか感じられませんし、なにより証し部分が自分の年収のはなしですから、お金が欲しいというのが全てでしょう。

kako-YOSeu58N7woQ7D2d.jpg


 まず、

"必ず30倍、60倍、100倍のもの(霊的祝福か文字通りの経済的祝福)を与えて下さることでしょう。"

 これはキリスト者ならば、マタイ13章(並行箇所 マルコ4章)の「種まきのたとえ」を悪用したものなのはすぐに気が付くものです。


種蒔き人のたとえ


マタイによる福音書
13:3イエスは譬で多くの事を語り、こう言われた、「見よ、種まきが種をまきに出て行った。 13:4まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。すると、鳥がきて食べてしまった。 13:5ほかの種は土の薄い石地に落ちた。そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、 13:6日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。 13:7ほかの種はいばらの地に落ちた。すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。 13:8ほかの種は良い地に落ちて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。 13:9耳のある者は聞くがよい」。

 しかし、このたとえは、 "皆さんが神様の事業のために投資するなら" などという話ではありません。イエス自身が弟子たちにこの譬を解き明かしてこのように言っておられます。

金蒔き人 マイブログ入り


13:18そこで、種まきの譬を聞きなさい。 13:19だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。 13:20石地にまかれたものというのは、御言を聞くと、すぐに喜んで受ける人のことである。 13:21その中に根がないので、しばらく続くだけであって、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。 13:22また、いばらの中にまかれたものとは、御言を聞くが、世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、実を結ばなくなる人のことである。 13:23また、良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、そういう人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもなるのである」。

 これは投資話ではなく、福音と信仰のはなしです。

 また、ザレパテのやもめと預言者エリヤのはなしについても、 "ザレパテのやもめは信仰をもって投資の法則を用いた結果、奇跡的な利潤を受けたのです。" なんてものでないことは、その個所を読めばだれでもが違うと理解できるはずです。


ザレパテのやもめ


列王記上
17:8その時、主の言葉が彼に臨んで言った、 17:9「立ってシドンに属するザレパテへ行って、そこに住みなさい。わたしはそのところのやもめ女に命じてあなたを養わせよう」。 17:10そこで彼は立ってザレパテへ行ったが、町の門に着いたとき、ひとりのやもめ女が、その所でたきぎを拾っていた。彼はその女に声をかけて言った、「器に水を少し持ってきて、わたしに飲ませてください」。 17:11彼女が行って、それを持ってこようとした時、彼は彼女を呼んで言った、「手に一口のパンを持ってきてください」。 17:12彼女は言った、「あなたの神、主は生きておられます。わたしにはパンはありません。ただ、かめに一握りの粉と、びんに少しの油があるだけです。今わたしはたきぎ二、三本を拾い、うちへ帰って、わたしと子供のためにそれを調理し、それを食べて死のうとしているのです」。 17:13エリヤは彼女に言った、「恐れるにはおよばない。行って、あなたが言ったとおりにしなさい。しかしまず、それでわたしのために小さいパンを、一つ作って持ってきなさい。その後、あなたと、あなたの子供のために作りなさい。 17:14『主が雨を地のおもてに降らす日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えない』とイスラエルの神、主が言われるからです」。 17:15彼女は行って、エリヤが言ったとおりにした。彼女と彼および彼女の家族は久しく食べた。 17:16主がエリヤによって言われた言葉のように、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった。

 彼女は預言者を通して語られる神のことばに信頼したことが中心であり、利潤があったからそうしたわけではありません。

 近年このような甘言をもって、金銭を要求する牧師や教会が増えてきています。このようなキリストで商売をする団体には注意が必要です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク