fc2ブログ

ピユート本文とそのGoogle翻訳

Eicha Yashva Havatzelet Hasharon R. Elazar Hakalir
Israel6-7 century

Eicha Yashva Havatzelet Hasharon R. Elazar Hakalir
イスラエル6〜7世紀

http://old.piyut.org.il/textual/english/393.html

אֵיכָה יָשְׁבָה חֲבַצֶלֶת הַשָּׁרוֹן
וְדָמַם רֹן
מִפִּי נוֹשְׂאֵי אָרוֹן
וְנָעוּ מִמִּשְׁמְרוֹתָם כֹּהֲנִים בְּנֵי אַהֲרֹן
כְּנִמְסַר הַבַּיִת בִּמְסָרְבֵי מָרוֹן

בָּכוֹ תִבְכֶּה מְחֻמֶּשֶׁת סְפָרִים
כְּנֶהֱרַג כֹּהֵן וְנָבִיא בְּיוֹם הַכִּפּוּרִים
וְעַל דָּמוֹ נִשְׁחֲטוּ פְרָחִים כִּצְפִירִים
וְנָדוּ כְּצִפֳּרִים
כֹּהֲנֵי צִפּוֹרִים

charlatanの座席は何ですか?
そして、彼らは沈黙していた
光の被験者から
彼らはアロンの子孫の祭司として、守護者たちから去った。
あなたが栗色であったかのように

本棚を焼く
羊の日の羊と鳥のように
そしてその血は鳥の角のように屠殺されます
彼らは角のように立っていた
鳥の角

גָּלְתָה מֵאַרְצָהּ כַּלָּה מְקֻשָּׁטָה
בַּעֲוֹן מַעְשְׂרוֹת וּשְׁמִטָּה
וּבְאַרְבַּעַת שְׁפָטִים הֻשְׁפְּטָה
וּמֵעֶדְיָהּ הֻפְשְׁטָה
מִשְׁמֶרֶת מַפְשֵׁטָה

カスケード
十戒と省略の形で
そして四分円では
そして、ハフシュタ時代から
ガーディング

דַּרְכֵי הֵיכָל דָּמְמוּ כְּנִפְרַץ כָּתְלוֹ
וְהַמְּעִיל כְּנִקְרַע פְּתִילוֹ
וְהוֹרַד וְהֻתַּךְ וְהֻשְׁפַּל מִתִּלּוֹ
וְנָע מִשְּׁתִילוֹ
כֹּהֵן עַיָּתָה לוֹ

街の通りは、
そしてその行動は小枝のようです
そして、彼は下って落ちて、彼の喉から落ちた。
そして彼は彼の道から移動した
彼女は疲れていた

הָיוּ מַלְעִיבִים בְּלוֹחֲמֵי לֶחֶם
כְּבִטְּלוּ הֲלוֹא פָרֹס לָרָעֵב לֶחֶם
וְרָעֲבוּ וְצָמְאוּ מִמַּיִם וּמִלֶּחֶם
כְּבֻטְּלוּ שְׁתֵּי הַלֶּחֶם
מִבֵּית לֶחֶם

彼らはパンと戦っていた
あなたは空腹に行きたくないですか?
水と戦争が飢えている
それらの2人は縛られています
パン屋から

וַיֵּצֵא הֲדַר אֹם בְּכֶסֶף נֶחְפָּת
וּתְמוּרוֹ אֵפֶר רֹאשָׁהּ חִפָּת
וְנֵרוֹת נִכְבּוּ וּמְנוֹרָה נִכְפָּת
כְּפָשְׁעוּ בְּלֶחֶם וּפַת
נִלְכְּדָה יוֹדְפָת

そして呪文の中に出た
頭の上は自由です
奉納灯とランプ
犯罪と犯罪として
あなたは閉じ込められています

זָכְרָה זְמַן אֲשֶׁר נַעֲשֶׂה וְנִשְׁמַע הֵשִׁיבוּ
וְעַתָּה עֲנוּת אָמֵן לֹא אָבוּ
לַעֲנָה וָרוֹשׁ שָׂבְעוּ וְרָווּ
וְהֻקְצוּ וְהָלְעֲבוּ
כֹּהֲנֵי עֵילְבוּ

聞いて聞いた時の思い出
その瞬間、母親の信仰は父親ではない
そして彼らは満足し、相続しなければならない
そして、彼らは絶え間なく吹き飛んだ


חֵטְא חָטְאָה וְאָמְרָה לֶאֱלִיל זֶה אֵל
וְהִלְעִיגָה וְתִעְתְּעָה בְּחוֹזֵי אֵל
עֲבוּר כֵּן הֻקְנְאָה בְּמַרְגִּיזֵי אֵל
וַיֵּצֵא מִמְּעוֹן אֵל
כְּפַר עֻזִּיאֵל

罪深い罪と神への告白
そして嘲笑と嘲笑
無礼
そして彼はエルロンを去った
ウザイユの村

טֻמְאָתָהּ הֶחֱנִיפָה תֵבֵל
וְנַעֲלָה רַב הַחוֹבֵל
וְעָנָן אֲבַק רַגְלָיו כְּאָבֵל
וְאֵין מִתְכַּרְבֵּל
בְּכֹהֲנֵי אַרְבֵל

タマタは賛美歌です
そして負担の負担は大きかった
そして、私は彼の足を痛みとして置くでしょう
そしてそれは混ざり合わない
アルベルのテントで

דוֹ פָּרַשׂ צָר בְּבֵית זְבוּל
כִּי כְלָיָה חֻיַּבְתִּי כְּדוֹר הַמַּבּוּל
כִּסְאוֹ הֵשִׁית לְחִבּוּל וְנִבּוּל
וְיָצָא בְכֶבֶל כָּבוּל
כֹּהֵן כָּבוּל

彼の手はザボルの家に散らばっている
腎臓が無人島のようであること
座席は拘束と償還のためのものです
そして彼は密閉された布の中で出かけた
シャックル

כָּל עַמָּהּ קוֹנְנוּ קִינָה
כִּי הִכְעִיסוּ לְאֵל קַנָּא
בְּגוֹי נָבָל אוֹתָם קִנָּא
וְנָדְדָה מִקִּנָּהּ
מִשְׁמֶרֶת קָנָה

すべての国に巣がある
彼らはかなで怒っていた
彼らの子孫の名前で、彼らは息子です
そして放浪者
杖を保護する

לֹא לַמָּרוֹם עַיִן צָפַת
וְכֶסֶף עַל חֶרֶשׂ חִפָּת
וּבְחִזּוּק מוּסַר הֻרְפָּת
וְנֶהֱרַס וְנִלְפַּת
כֹּהֵן צְפָת

ルックアップしないでください
そして開かれた辺の剣
そして禁止された
そして私たちは踏みとめて呪います
ウォッチャー

מִמָּרוֹם הִשְׁמִיעַ נִלְאֵיתִי טְעוֹן
וְהִכַּנִי בְעִוָּרוֹן וּבְשִׁגָּעוֹן
וּפָקַד עָלַי עֲוֹן נֹב וְגִבְעוֹן
וְנָעָה מִמָּעוֹן
מִשְׁמֶרֶת בֵּית מָעוֹן

聴聞会の高さから苦情があります
そして、私は楽しい時です
そして、彼は蛇とブドウを命じた
そして彼はMa'onから離れた
家の家を守る

נִשְׁקַד עֹל עָוֹן וְנִכְאָב
כְּהוּשַׁבְתִּי אֲנוּנָה מִבְּלִי אָב
וְדוֹמַמְתִּי מִלְצַפְצֵף בְּמִנִּים וְעֻגָב
וְנָשְׂאָה עָלַי קִינָה מִשְׁמֶרֶת יֶשֶׁבְאָב

彼は頭の上に落ちて痛みに陥った
私が父親でないかのように
餃子
そして、柳の整備を続けなさい

סִלָּה אַבִּירַי מוֹרֵי הוֹרָיָה
וְלֹא נִזְכַּר לִי עֲקֵדַת מֹרִיָּה
מֵרֹב מֶרֶד וּמִרְיָהּ
הֻצָּגָה עֵרוֹם וְעֶרְיָה
מִשְׁמֶרֶת מְעָרָיָּה

彼女はHoriaの教師の父親です
そして私はマレーの弓を覚えていない
最も反抗的で苦い
市は裸で裸であると示された
都市の予約

עַל גַבִּי חָרְשׁוּ חֹרְשִׁים וְהֶאֱרִיכוּ מַעֲנִית
וְהֵרִיקוּ עָלַי חֶרֶב וַחֲנִית
וְהִרְבֵּיתִי צוֹמוֹת וְתַעֲנִית
וּמִצּוּרַת תָּכְנִית
יָצְאָה יְוָנִית

地球の底に、耕うんと鋤
そして、剣とキャンプを維持する
私の名前はTzamotとTa'anitです
計画の作成
ヨナ

פָּרְשָׂה וְאֵין יָד שׁוֹלֵחַ
כִּי לֹא הֶאֱמִינָה בְּהַשְׁכֵּם וְשָׁלוֹחַ
וְהֻשְׁבְּתָה בְּרִית מֶלַח
וְאֵין שֶׁמֶן מְמֻלָּח
בְּרֹאשׁ מַמְלָח

意識不明で壊れない
私は何も信じなかった
そして塩の地に落ち着きました
そして、満たせる脂肪がない
最初は

צַדִּיק הוּא יְיָ כִּי פִיהוּ מָרַת
וְעָרוּ עָרוּ עַד הַיְּסוֹד בָּהּ הָעֲרָת
וּתְמוּר עָזִי וְזִמְרָת
קִינִים עָלֶיהָ נֶחֱרַת
וּבְקַצְוֵי אֶרֶץ נִזְרַת
מִשְׁמֶרֶת נָצְרַת

彼は正義です、彼はファラオですから
そして、洞窟の基礎に目を覚ます
そしてヤギと聖歌
イノセントは優れている
そして、ナザレの地の部分
防腐剤

קָרָאתִי בַצַּר לִי וְלֹא קָרַב
וְקוֹנַנְתִּי בַיַּעַר בַּעֲרַב
וְכָבָה נֵר הַדּוֹלֵק בַּמַעֲרָב
וְרֵיחַ לֹא עָרַב
מַאֲכָלָה עֲרָב

彼は私に電話して、私に近づかなかった
そして私は西でそれを読んだ
そして、西にはろうそくが燃えていた
そして、においがない
アラブ料理

רְאֵה כִּי הֻסְעַרְתִּי כָּאֳנִיָּה
בְּתַאֲנִיָּה וַאֲנִיָּה
וַעֲדָתִי כַּצֹּאן לַטֶּבַח מְנוּיָה
וְנָעָה מֵחֲנוּיָה
מִגְדַּל נוּנִיָּה

私は船になったのを見た
私はそれを楽しむと私はそれを楽しむ
私のコミュニティは人の群のようなものです
キャンプからの移動
壮大

שָׁמְעוּ כִּי נִזְהַמְתִּי בְּצַחֲנָה
וְסָתַם מִנִּי תְּחִנָּה
וְלֹא נָתַן לִי רַחֲמִים וַחֲנִינָה
וּמִקִּרְיַת חָנָה
נָעָה כְּפַר יוֹחָנָה

私は喉が渇いていると聞いた
私は結婚しません
そして、私に慈悲と楽しみを与えないでください
そして、慈善団体
それは法律の違反です

שָׁמְעוּ כִּי יָצָאתִי בַשִּׁבְיָה
וְנִשְׂרְפָה דָּת מָרוֹם שְׁבוּיָה
וְהוּשַׁתִּי לְשַׁמָּה וְעַרְבּוּבְיָה
וּמֵהַסְתֵּר חֲבוּיָה
גָּלְתָה בֵּית חוֹבִיָּה

私は病院にいると聞いた
そして天の律法は滅ぼされた
そして、私は天と無駄に行きました
そしてそれは隠されている
愛の家の家

תָּבֹא רָעַת שָׂמוּנִי הַדָּמִין
וְשָׁתוּ שְׁעָרַי שׁוֹמֵמִין
וְהֵשִׁיב אָחוֹר יָמִין
וּבַעֲוֹן צְלָמִין
נָעָה גִּנְתוֹן צַלָּמִין

私は本当の悪人です
そして私の髪は太っていた
そして、彼は右に戻った
そして、写真の陰で
ピクニックをしましょう

תָּבֹא תַמְרִיחַ
וְחָשְׁכִּי תַּזְרִיחַ
וְכַדֶּשֶׁא עַצְמוֹתֵינוּ תַפְרִיחַ
וְרֵיחַ נִיחוֹחֵינוּ כְּקֶדֶם תָּרִיחַ
וּמִשֻּׁלְחָנְךָ תַּאֲרִיחַ
שׁוּלֵי חֲמַת אֲרִיחַ

あなたは酔っ払います
そして、闇が輝いている
そして私たちの自己は咲くでしょう
そして、私たちの鼻孔のにおいは、熱のようなものです
そして、あなたはあなたを祝福します
低熱

***

כשחרב המקדש, חרב המקום הקדוש ביותר לעם ישראל, וגלתה שכינה. אף משמרות הכהונה שהיו מופקדים על העבודה במקדש גלו. קינה זו, הנאמרת ע"י קהילות אשכנז השונות בתפילת שחרית של תשעה באב, עוסקת בגלותם של הכהנים, בשל חטאי העם כולו, למקומות שונים בגליל. מוזכרים בה שמות המקומות הללו, שבהם התיישבו הכהנים לאחר שחרב המקדש. לפי חוקר הפיוט, דניאל גולדשמידט, בנויה הקינה הזאת על ברייתא עתיקה על משמרות הכהונה, שלא נשאר ממנה אלא שריד חלקי בתלמוד הירושלמי (תענית ד' ח' דף ס"ח ד).
הקינה בנויה על בסיס הפרק הראשון באיכה. הבתים פותחים במלים הפותחות את פסוקי פרק א' במגילת איכה. על כן, הפיוט בנוי בסדר אלפא-ביתי. בחתימת כל בית מופיע שם של משמר כהנים אחר.
ביאור הקינה נעשה בעקבות הצעותיו של דניאל גולדשמידט.

神殿が滅ぼされたとき、イスラエルの人々にとって最も聖なる場所が破壊され、シェキナが明らかにされました。聖職者でさえ、ガル神殿での仕事を担当していました。ティシュアー・ベ=アーブの様々なアシュケナージコミュニティの朝の祈りが発したこの嘆きは、ガリラヤのさまざまな場所に、理由は国民全体の罪で、司祭の明らかに従事している。司祭は、寺の破壊の後に定住彼女の名前を挙げ、これらの場所、。研究者典礼ダニエル・ゴールドシュミットによると、この嘆きは、古代のbaraithaシフトの聖職者、エルサレムタルムード部品(高速D H-SH d)は左からだけではない残りの上に構築されています。
嘆きは、Eichaの最初の章に基づいています。家は哀歌の章の第1章の冒頭の言葉で開きます。したがって、ピューユットはアルファベット順に作成されます。各家には別の司祭の名前があります。
嘆きの解釈はDaniel Goldschmidtの提案に従って行われました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク