fc2ブログ

わたしの魂の賃金以上を求めてはいないか

Yahoo!ブログから転載(12月ブログサービス終了に付き引っ越し)

わたしの魂の賃金以上を求めてはいないか
2015/10/27(火) 午後 1:02
https://blogs.yahoo.co.jp/yhwhicxc/14488652.html

マタイによる福音書
20:1天国は、ある家の主人が、自分のぶどう園に労働者を雇うために、夜が明けると同時に、出かけて行くようなものである。 20:2彼は労働者たちと、一日一デナリの約束をして、彼らをぶどう園に送った。 20:3それから九時ごろに出て行って、他の人々が市場で何もせずに立っているのを見た。 20:4そして、その人たちに言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。相当な賃銀を払うから』。 20:5そこで、彼らは出かけて行った。主人はまた、十二時ごろと三時ごろとに出て行って、同じようにした。 20:6五時ごろまた出て行くと、まだ立っている人々を見たので、彼らに言った、『なぜ、何もしないで、一日中ここに立っていたのか』。 20:7彼らが『だれもわたしたちを雇ってくれませんから』と答えたので、その人々に言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい』。 20:8さて、夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言った、『労働者たちを呼びなさい。そして、最後にきた人々からはじめて順々に最初にきた人々にわたるように、賃銀を払ってやりなさい』。 20:9そこで、五時ごろに雇われた人々がきて、それぞれ一デナリずつもらった。 20:10ところが、最初の人々がきて、もっと多くもらえるだろうと思っていたのに、彼らも一デナリずつもらっただけであった。 20:11もらったとき、家の主人にむかって不平をもらして 20:12言った、『この最後の者たちは一時間しか働かなかったのに、あなたは一日じゅう、労苦と暑さを辛抱したわたしたちと同じ扱いをなさいました』。 20:13そこで彼はそのひとりに答えて言った、『友よ、わたしはあなたに対して不正をしてはいない。あなたはわたしと一デナリの約束をしたではないか。 20:14自分の賃銀をもらって行きなさい。わたしは、この最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ。 20:15自分の物を自分がしたいようにするのは、当りまえではないか。それともわたしが気前よくしているので、ねたましく思うのか』。

 このたとえ話は「ぶどう園の労働者(Labourers in the vineyard)」のたとえなどと呼ばれるお話です。

 このたとえから、砂漠の師父にアポロという人がおりましてその方の次の話しを思い浮かべてしまいます。

❝一 ケリアに、アポロという名の長老がいた。誰かがやって来て、彼に何か仕事を頼むと、彼は喜んで赴き、こう言うのだった。「キリストとともに、今日、わたしの魂のために働きに出よう。というのも、キリストこそがわたしの魂の賃金だからである。」❞(「砂漠の師父の言葉 ミーニュ・ギリシア教父全集より」 知泉書館) 

 昨今のキリスト教、特に福音派や聖霊派などで繁栄の神学(繁栄の福音)など、多く献金した者や教会等のためや指導者の要求に従ってよく働く者に、神は繁栄を与えてくださるといった御利益宗教化した教えが、これらの教派のアメリカで発症し、南米やアフリカ、韓国、発展途上国などで流感のように流行っています。

 キリストというわたしの魂の「相当な賃銀」以上のものを求めているように感じられます。わたしたちは主の前にキリスト以上に、さらに上積みを求めてしまってはいないでしょうか。キリストの価値はがっかりするようなものですか。そう自分に問いかけてみるのは大切ではないでしょうか。

聖書 デナリオン 十字架 URL
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

athanasius

Author:athanasius
当ブログにおいて、キリスト教関係の記事などにつきましては、あくまでもわたしの信仰や所属する教派・教会の教義的な私個人の立場から、わたしがおかしい、納得できない、ウソだろう、こうではないか、なとなどの批判・批評、否定、または合意、賛同などを書いています。また他宗教については個人的な感想として書いています。ある人にとってはとても不快に思ったり、反対意見もあると思います。その場合、広い心でお読みください。また、人の考え方は不変なものではありません。過去の発言と現在の発言が変わったりするのも自然なことですのでご留意ください。

 Yahoo!ブログからの引っ越し記事内のURLはリンク切れをしているものがあります(気が付いたらものからインターネットアーカイブに保存されているのならウェイバックマシンURLなどに修正などしております)。


 役立った、良かったなどありましたら拍手ボタンを押していただけると嬉しい限りです。


​一応、特に聖書の引用表記のないものにつきましては、著作権の保護期間を過ぎている日本聖書協会の「口語訳聖書」(1​955​年版の旧約聖書、19​54年版の新約聖書)を使用させていただいています。後の改定された口語訳聖書と違い、一般に差別用語や不快語とされていしまった言葉がそのままですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク